{lang: 'ja'} ラッセル英単語:F46 ( gury 激怒,怒り) - Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

総索引

ラッセル英単語・熟語


★ fury (v)【激怒(rage);(戦争・暴風雨・病など)激しさ,猛威;興奮状態】

* furious (adj.):激怒した,激しい;(風邪など)荒れ狂う;猛烈な
There is a very real danger that, if nothing is done to check the fury of national passion, European civilisation as we have known it will perish as completely as it perished when Rome fell before the Barbarians.
[国民感情の憤激をチェックする措置がまったくとられなければ,かつてローマ帝国が異邦人の前に崩壊したように,ヨーロッパ文明が完全に崩壊してしまう危険が現実に存在します。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第1章「第一次世界大戦」]

On one occasion, in an access of fury, I got my hands on his throat and started to strangle him. .
[ある時,かっとなり,彼の喉を手でおさえて絞めつけはじめた。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第3章「青年期」]

After Studland various difficulties began to cause trouble. Alys was still raging, and Logan was quite as furious as she was.
[スタッドランド以後,様々な困難(な事態)がトラブルをもたらし始めた。アリスはなおも怒り狂っており,アリスの兄のローガンも全く彼女同様激怒していた。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第7章「再びケンブリッジ大学へ」]

At Moscow on the way home Haden Guest and I had a furious quarrel with Chicherin because he would not allow Allen to leave Moscow until he had been examined by two Soviet doctors.
[帰国の途上,モスクワで,ハーデン・ゲストと私は,チチェーリン(注:Georgii Vasilevich Chicherin, 1872-1936/チチェリンとも: 1918年から1930年までソ連の外務人民委員(外務大臣)を務めたソ連政府外交最高指導者)が2人のソヴィエト医師にアレンを診察させるまでアレンがモスクワを離れることを許さないと言ったため,彼(チチェーリン)と激しい口論をした。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第2章「ロシア」]

What I felt as I listened to her was fury.
[彼女の話を聞いていて感じたのは(彼女の)強い怒りであった。
 出典:宮川幸久(編著)『英単語ターゲット1900(四訂版)』p.325]

She was furious at him because of his stubbornness.
[彼女は彼の頑固さに激怒した。
 出典:『新版完全征服 データベース5500 合格 英単語・熟語』p.171]

The father was furious at his daughter who lied to him.
[父親は嘘をついた娘に激怒した。
 出典:『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』p.263]

It's no use trying to argue with you when you fly into a fury.

[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]