(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


crave (v) [to have a very strong almost uncontrollable desire for (something esp. something bad)/・・・をしきりに欲しがる;必要とする;・・・を懇願する,切望する]

* craving (n): 切望(for)(・・・したいという)熱望(to do)
A person accustomed to too much excitement is like a person with a morbid craving for pepper, who comes last to be unable even to taste a quantity of pepper which would cause anyone else to choke.
[過度の興奮に慣れた人は,胡椒(コショウ)を病的にほしがる人に似ており,そのような人は,ついには,ほかの人なら誰でも窒息しそうなほど多量の胡椒でさえ味がわからなくなる。
* morbid (adj.):病的な;陰気な
 出典:ラッセル『幸福論』第4章「退屈と興奮」]

It is, of course, possible to bring up children at home by means of governesses and tutors, but this plan deprives them of the companionship which their nature craves, and without which some essential elements of education must be lacking.
もちろん,家庭教師(governess 女性家庭教師)や個人指導教師(tutor)を雇って,家庭で子供を育てることはできる。しかし,この方法では,子供から,子供の本性が渇望する仲間づきあいを奪ってしまうことになり,また,仲間づきあいなしでは,教育のいくつかの必須の要素が欠けることになるにちがいない。
 出典:ラッセル『教育論』序論]

I began to feel that New Hopes for a Changing World needed fresh and deeper examination and I attempted to make this in my book Human Society in Ethics and Politics, the end of which, for a time, satisfied my craving to express my fears in an effective form..
[そうして,(自分の著書である)『変わりゆく世界への新しい希望』(New Hopes for a Changing World, 1951)を新鮮な目で,またより深く吟味する必要があると感じ始めた。そこで私はこの試みを『倫理と政治における人間社会』(Human Society in Ethics and Politics, 1954)の中で行なった。その仕事を終えたことにより,一時的ではあるが,私の怖れを効果的な形で表現したいという強い願望を満足させてくれた。
(出典:ラッセル『自伝』第3巻第1章「英国への帰国)]

I was craving for a cigarette. / a craving for sweets.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]