(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


challenge [(v) 挑発する;異議を唱える; || (n) 挑発,決闘;努力(意欲など)を呼び起こすこと;手応えのあること]

* M.ピーターセン『実践 日本人の英語』(岩波新書)p.67説明: ・・・。改めて指摘しておこう。「challenge + 目的語」には「〜を挑発する」や「〜に異議を唱える」などの意味はあるが,「〜に挑戦する」という意味は無い。
The man who is courageous in any matter except physical danger is also thought ill of. Indifference to public opinion, for example, is regarded as a challenge, and the public does what it can to punish the man who dares to flout its authority.
* flout (vi):(法律・規則などを)ばかにする,無視する (vt)(・・・を)屈辱する,ばかにする
[肉体的な危険以外の事柄について勇気のある男性は,それがどのような事柄であれ,良くは思われない。たとえば,世論を無視することは,一つの挑発(行為)とみなされ,その権威をあえて馬鹿にした人を,世間は,あらゆる手段をつくして罰しようとする。
 出典:ラッセル『幸福論』第5章「疲労」]

I subsequently came to think this book much too Kantian, but it was fortunate for my reputation that my first philosophical work did not challenge the orthodoxy of the time. It was the custom in academic circles to dismiss all critics of Kant as persons who had failed to understand him, and in rebutting this criticism it was an advantage to have once agreed with him.
* rebut (v):反駁する,論駁する
[後に私は,この本注:ラッセルの修士論文を25歳の時に出版したものはあまりにカントよりであると考えるようになったが,私の最初の哲学に関する著作が,当時の正統派に対し異議を唱えなかったことは,私の名声のためには幸いなことであった。(以下の記述は,皮肉)カントを批判する者はすべて,カントを理解し損ねたものとして簡単に片付けてしまうのが,当時の学界(英国哲学会/学者仲間)の慣例であった。また,こうした批判に反駁をあびせるにあたって,私が以前カント(Immanuel Kant, 1724-1804)に賛成していたことがあるということ(事実)は,'何かと好都合'であった。
 出典, Bertrand Russell: Psychology and East-West Tension, 1961.]

I challenged him to a game of tennis. / Traditional female roles are constantly being challenged by contemporary feminists.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]