(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


compassion (n) [(他人の不幸に対する)哀れみ,思いやり,同情(sympathy)]

* compassionate leave: time that you are allowed to be away from work because somebody in your family is ill/sick or has died.
* 森一郎『改訂新版 試験にでる英単語』p.129の説明: com = together , pass = suffer → 「ともに苦しむこと
There are certain things that our age needs, and certain things that it should avoid. It needs compassion and a wish that mankind should be happy; it needs the desire for knowledge and the determination to eschew pleasant myths; it needs, above all, courageous hope and the impulse to creativeness. The things that it must avoid and that have brought it to the brink of catastrophe are cruelty, envy, greed, competitiveness, search for irrational subjective certainty, and what Freudians call the death wish.
[我々の時代が必要としているいくつかのものと,また避けなければならないいくつかのものがある。現代が必要とするのは'思いやり(同情心/憐憫の情)'と,人類は幸福であるべきだという願いである。現代が必要とするのは知識欲であり,心地よい神話を断つ決意である。とりわけ,勇気ある希望と新たなものを創造しようとする衝動である。そして,現代がさけなければならないものは,また,現代を破局に瀕せしめているものは,残酷,ねたみ,闘争,不合理な主観的な確信それから,フロイトの言う死への願望(death wish:自殺願望)である。
 出典:ラッセル『自伝』第3部第1章「英国への帰国」]

It was some time before I realised the depth of feeling with which he pursues justice or the compassion and patience with which this pursuit is tempered.
[彼の正義を追求する感情の深さや,その追求を和らげる'他人への思いやり'や'忍耐心'を私が理解するまでに,少し時間がかかった。
 出典:ラッセル『自伝』第3部第4章「バートランド・ラッセル平和財団」]

'Purpose' is entirely an inner quality which is no way depends upon metaphysical views about causality. Passionate concern for some degree of understanding of the world outside oneself and compassionate interest in the circumstances of other human beings provide sufficient activity for many lifetimes.
[目的」は、まったく心の内部の性質です。「目的」は、決して因果関係についての形而上学的見解に依存するようなものではありません。
 自分以外の外の世界について、なんらかの程度、理解したいと思って情熱をそそいだり、他人の境遇に同情や関心をいだいたりすることは、人生の多くの時間をかけて活動させる原動力になります。
 出典:『拝啓バートランド・ラッセル様(市民との往復書簡集)』IV.哲学関係書簡「人生の目的と不確定性(不確実性)」]

He felt compassion for her.
[彼は彼女に哀れみをおぼえた。
 出典:Shogakukan Random House English-Japanese Dictionary, 1982.]

She felt (had; showed) great compassion for the sick children.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]