(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・英熟語


bliss (n) [至福,無上の喜び]

* blissful (adj.):この上なく幸せな,至福の;楽しい
This individualism culminated in the doctrine of the immortality of the individual soul, which was to enjoy hereafter endless bliss or endless woe according to circumstances.
[この個人主義は,個人の霊魂の不滅という教義 −それは,場合(状況/境遇)によって,あの世において無限の悦びを享受するか,あるいは無限の悲しみを味わうことになる。− として頂点に達した。]
 出典:ラッセル宗教は文明に有益な貢献をしたか?

Most people are not rich; many people are not born good-natured; many people have uneasy passions which make a quiet and well-regulated life seem intolerably boring; health is a blessing which no one can be sure of preserving; marriage is not invariably a source of bliss.
[大部分の人は裕福ではないし,多くの人は生まれつき気立てがよいということはないし,多くの人は平穏かつ規則正しい生活は我慢できないほど退屈に思われるような落ち着かない(気楽になれない)情熱を持っているし,健康は'恵み'であるが誰も健康を保持しうる確信を持てないし,結婚は必ずしも至福の源ではない。]
 出典:ラッセル『幸福論』第4章「努力と諦め

What we need for lasting happiness is impossible for human beings : only God can have complete bliss, for His is "the kingdoms and the power and the glory.
[永久不変の幸福のために必要なものは,我々人間には(入手)不可能である。神だけが,完全な至福を享受できる(持つことができる)。それは「王国も権力も光栄」も,すべては神のもの(所有物)だからである。]
* His と大文字の所有格になっていることに注意。つまり,「神の」「もの(所有物)/His is A → A is His の倒置形)。
 出典:ラッセル『権力−新しい社会分析』第1章「権力衝動

The perplexities of philosophers are due, in a large measure, to their unwillingness to awaken from this blissful dream.
[哲学者たちが困惑するのは,かなりの程度まで,彼らが楽しい夢から覚めたがらないためである。]
 出典:ラッセル『人間の知識−その範囲と限界』序論

Bliss is often interrupted by anxiety and fear.
[至上の幸福はよく心配や恐れによって途切れてしまう。]
 出典:宮川幸久『英単語ターゲット1900』p.361

Ignorance is bliss.
[無知は至福である(知らぬが仏)。]
 出典:『鉄緑会 東大英単語熟 語鉄壁』p.9

The passengers carried on drinking and dancing, blissfully unaware of the impending disaster.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.