(本館)  (トップへ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


be subject to [〜の支配を受ける;(被害・病気など)を被りやすい;〜にかかりやすい]
In marrying, bride and bridegroom are informed that it will henceforth be their 'duty' to love one another, although, since love is an emotion, it is not subject to the control of the will and therefore cannot come within the scope of duty. Considerate behaviour may be a duty, but love is a gift from heaven: when the gift is withdrawn, the one who has lost it is to be pitied, not blamed.
[結婚に際して、新郎新婦は、今後末永く愛しあうことは'義務'であると告げられるが、愛情は一つの情緒であるので、意志の制御に服するものではなく、それゆえ義務の範囲には入りえない。思慮深い振舞いは、義務に属すると言えても、愛(情)は天からの贈り物(才能)である。この才能(資質)が消滅する時、それは憐れむべきことではあるが、非難されるべきものではない
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ』の中の「情緒の予知」]

Self-respect has been hitherto, of necessity, a virtue of the minority. Wherever there is inequality of power, it is not likely to be found among those who are subject to the rule of others. One of the most revolting features of tyrannies is the way in which they lead the victims of injustice to offer adulation to those who ill-treat them.
[自尊心はこれまでは必然的に少数派の美徳であった。 権力の不平等のあるところはどこでも,自尊心は他人の支配に屈従している人々の間には見当りそうにない。暴虐の最も嫌悪すべき特色の一つは、不正義の犠牲者をして,自分たちを虐待した人々にお追従を言わせるようにするそのやり方である。
 出典:ラッセル権威と個人』]

In almost all European countries the individual is less subject to herd domination than in America: his inner freedom is greater even where his political freedom is less.
[ほとんど全てのヨーロッパ諸国では、アメリカほど個人が集団に支配されることはない(→大衆化社会)。即ち、政治的な自由が(アメリカより)少ないところでさえ、個人の精神的な自由はアメリカよりも大きい(→画一化社会アメリカ)。
 出典:ラッセル『教育論』第2章「教育の目的」]

We are all subject to the laws of nature.
[我々は皆自然の法則の支配を受けている。
 出典:森一郎『試験にでる英熟語』p.30]