(本館)  (トップ)  (分館)

目次へ

ラッセル英単語・熟語


on behalf of = in behalf of = in one's behalf [に代わって,の代理で;〜のために]

* 注:通常,in behalf of は 「〜のため」, on behalf of は「〜の代わりに(代理)」という意味で使うが,英国では,両方の意味で on behalf of を使うことが多く,前後関係を見ないとどちらの意味か決まらない。
At Christmas time in 1914, by Ottoline's advice, I found a way of making despair not unendurable. I took to visiting destitute Germans on behalf of a charitable committee to investigate their circumstances and to relieve their distress if they deserved it.
[1914年のクリスマスの時期に,オットリンの助言で,この絶望感を堪え難いものにしない方法を見つけた。(すなわち)私は,慈善委負会を代表して,ひどく貧しいドイツ人を訪問し,その境遇を調査し,必要があれば彼らを窮地から救済する,という仕事にとりかかった。
* 松下注:この時の経験も,「幸福論」の執筆に活かされることになる。絶望に陥った時はくよくよ考えても救われない,何か有益だと思われるような「行動」をしてみることが一番であると)。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第4章「婚約期間」]

On pacifist grounds I disliked the Militants, and worked always with the Constitutional party. In 1907 I even stood for Parliament at a by-election, on behalf of votes for women.
[平和主義者としての立場から,私は主戦論者(好戦的な人間)を嫌い,いつも立憲主義的政党とともに活動した。1907年に私は,国会議員補欠選挙の時,女性の選挙権を擁護して,立候補さえもした。
(注:ラッセルは,1907年に,Wimbledon 選挙区より,婦人参政権,自由貿易論を主張し,全国婦人参政権協会連合会の推薦を受け,下院議員補欠選挙に自由党から立候補したが落選した。対立候補は保守党の大物 H. Chaplinであった。)
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第6章「プリンキピア・マテマティカ」]

I am saying this to you so that you seek some more realistic expression of your desire to do more than vegetate in a retrograde environment. This requires courage to deal with real problems and to undertake hardship and serious effort in their behalf.
[わたしがこういうのは,退行的な環境の中で無気力に暮らすのではなく,自分の願望をもっと現実的に表現する道をあなたが見つけてほしいと思うからです。それには,現実的な問題に取り組み,その問題の中にふくまれる困難を引き受ける勇気とともに,そのためのまじめな努力が必要です。
 出典:ラッセル『拝啓バートランド・ラッセル様(市民との往復書簡集』の中の「未熟なしるし」]

On behalf of everyone here, I'd like to thank our special guest for his entertaining speech. / The President can't be here today, so I'm going to speak on his behalf.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]