(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


boredom (n) [the state of being bored/退屈]

* bore (v):(人を)うんざりさせる,退屈させる
Boredom as a factor in human behaviour has received, in my opinion, far less attention than it deserves. It has been, I believe, one of the great motive powers throughout the historical epoch, and is so at the present day more than ever.
[私の考えでは,'退屈'は,人間の行動における要因の1つとして,それに値する注目を受けていない(注意を払われていない)。'退屈'は,有史時代を通じて大きな原動力の一つであったと信ずるが,現代においてもかつて以上にそうである。
 出典:ラッセル『幸福論』第4章「退屈と興奮」]

We are less bored than our ancestors were, but we are more afraid of boredom. We have come to know, or rather to believe, that boredom is not part of the natural lot of man, but can be avoided by a sufficiently vigorous pursuit of excitement.
[私たちは,先祖ほど退屈していないが,しかし,先祖よりもより退屈を恐れている。私たちは,退屈は人間の生れつきの運命(当たりくじ)ではなく,十分精力的に興奮を追求することで避けられる,ということを知るにいたった,というか,むしろ信じている。
 出典:ラッセル『幸福論』第4章「退屈と興奮」]

Boredom is essentially a thwarted desire for events, not necessarily pleasant ones, but just occurences such as will enable the victim of ennui to know one day from another. The opposite of boredom, in a word, is not pleasure, but excitement.
* thwart (v):(人・計画・目的などを)妨害する,邪魔する
['退屈'は,本質的には,事件を望む気持ちのくじかれた状態をいい,事件は必ずしも愉快なものでなくてもよく,'倦怠の犠牲者'にとっては,今日と昨日を区別してくれるような事件であればよい。退屈の反対は,ひと言で言えば,快楽ではなく興奮である。
 出典:ラッセル『幸福論』第4章「退屈と興奮」]

Wars, pogroms, and persecutions have all been part of the flight from boredom; even quarrels with neighbours have been found better than nothing. Boredom is therefore a vital problem for the moralist, since at least half the sins of mankind are caused by the fear of it.
* 虐殺(特に,ユダヤ人虐殺)【ロシア語で「破壊」の意】
[戦争,虐殺,迫害は,すべて退屈からの逃避の一部(逃避から生まれたもの)であり,隣人とのけんかさえ,何もないよりはましだと感じられてきた(←経験して知る)。それゆえ退屈は,人類の罪の少なくとも半分は退屈を恐れることに起因していることから,モラリスト(道徳家)にとってきわめて重要な問題である。
 出典:ラッセル『幸福論』第4章「退屈と興奮)]

A certain power of enduring boredom is therefore essential to a happy life, and is one of the things that ought to be taught to the young.
[それゆえ,退屈に耐える力をある程度持っていることは,幸福な生活にとって不可欠であり,若い人たちに教えられるべき事柄の一つである。
 出典:ラッセル『幸福論』第4章「退屈と興奮」]

She made no attempt to conceal her boredom.
 (出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]