title>ラッセル英単語・熟語:A-125 adultery (n):不貞,姦通,不義 - Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


adultery (n) [不貞,姦通,不義]

The Old Testament, like most codes of early civilization, forbids adultery, but it means by adultery intercourse with a married woman. .
[旧約聖書は、大部分の初期の文明の道徳律(codes)同様,姦淫(不貞)を禁止しているが、旧約聖書の言う姦淫(不貞)とは、既婚婦人との性交という意味である。]
 出典:ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』第五章キリスト教倫理

At a slightly higher level, however, adultery in women is punished with death or at best with very severe penalties.
[けれども、(未開社会よりも)少し高いレベルの文明(社会)においては、女性の姦通は、死か、あるいは、よくても厳しい罰が課せられる。。]
 出典:ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』第10章結婚

Adultery in itself should not, to my mind, be a ground of divorce.
[私の考えでは,姦通(不義密通)それ自体は離婚の根拠とするべきではない。]
 出典:ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』第16章離婚

A savage will manage to commit adultery with a woman while her husband is asleep beside her, knowing that it is instant death if the husband wakes.
[未開人は,夫がそばで眠っている間に,夫が目をさましたら即座に殺されることはわかっていても,なんとかしてその妻と不義姦通を成就させようとする。]
 出典:ラッセル『幸福論』第4章「退屈と興奮

to commit adultery .
 出典: Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

He was accused of committing adultery.
 出典: Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.