title>ラッセル英単語・熟語:A-54 ( annoy 悩ます) - Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


annoy (v) [(いやなことで)うるさがらせる,いらだたせる,悩ます,怒らせる;困らせる]

* annoyance (n):うるさらがらせること;いらだち;困り事
* annoyed (adj.):いらいらした,怒った
* annoying (adj.):迷惑な,うるさい
* be annoyed at : 〜にいらだつ

It is commonly said that children do not distinguish between pretense and reality, but I see very little reason to believe this. We do not believe that Hamlet ever existed, but we should be annoyed by a man who kept reminding us of this while we were enjoying the play.
[子供はまねごとと現実との区別がつかないとよく言われるが,そう信ずべき理由はほとんど見いだせない。我々はハムレットが実在したとは信じていないが,ハムレットの芝居を見て楽しんでいるときにそのことを常に思い出させる人がいたら,きっと腹を立てる(いらだつ)だろう。
 出典:ラッセル『教育論』第二部第5章「遊びと空想」]

Every civilised man or woman has, I suppose, some picture of himself or herself and is annoyed when anything happens that seems to spoil this picture.
[思うに,教養ある男女は皆それぞれ自画像を持っていて,この自画像をスポイルするように思われる何らかの事態が偶然生じると,傷つけられる,ようである。
 出典:ラッセル『幸福論』第3章「努力と諦め」]

The only people willing to speak to us were Mischa Elman, the violinist, and his party. As everybody else on the ship wished to speak to him, they were considerably annoyed by the fact that he was always in our company.
[日本からの帰国の船上で)唯一進んで話しかけてくれたのは,ヴァイオリニストの ミッシャ・エルマン(Mikhail Saulovich 'Mischa' Elman, ミハイル・サウロヴィチ・"ミッシャ"・エルマン, 1891-1967.4.5: ウクライナ出身のヴァイオリニスト) とその一行(楽団)だけだった。船内のほかの誰もがエルマンに話しかけたがっていたので,彼がいつも私たち(ラッセルと愛人のドーラ)と一緒にいることで,皆かなりいらいらしていた。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第3章「中国(+日本)」]

If you are annoyed by their behavior, tell him.
[彼らの行動にいらいらしているのなら,彼らに言いなさい。
 出典:宮川幸久『英単語ターゲット1900(四訂版)』 p.75.]

It annoyed me to think how much time we had wasted.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]

Much to our annoyance, they decided not to come after all.
[ 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.]