(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


REligion and Science, 1935

ラッセル『宗教と科学』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) 第3章_イントロ累積索引 Next(次ページ) Contents(総目次)
 

第3章 進化 n.1

 科学は(一般に)予想されたのとは逆の順序発展してきた。我々人間から最も遠いもの(=身近でないもの)が最初に法則化され(注:brought under the domain of law 法則の支配下に置かれ/それらを支配する法則が発見され),それから次第に(我々人間に)より近いものが法則化されていった。(即ち)最初に天界(注:宇宙論)が,次に地球(注:地質学)が,次に動物と植物の生命(注:進化論)が,次に人体(注:医学/生理学)が,そうして,最後に(まだ極めて不完全ではあるが)人間の心が法則化された(支配する法則が発見された)。このことについては不可解なことはまったくない。細部に拘ると大局をとらえることが困難になる(詳細な知識を持つことによって核心をつかめなくなる場合が少なくない)。(たとえば)ローマの道路の様子(outlines 輪郭)は,地上からよりも飛行機からの方がずっととらえやすい(easily traced たどりやすい)。(また)ある人が何をしそうかはその人自身よりも彼の友人たちの方がよく知っている傾向がある(「A man's friends know what he is likely to do better than he does himself」を,荒地出版社刊の訳書のなかで,津田氏は「一人の人が何に適しているかは,彼の友人達の方が彼自身よりもよく知っている」と訳出している。この一文のすぐ後はその事例をあげていることに津田氏は気づくべきであった。)(たとえば,)会話がある程度進むと,友人たちは彼(その人)がお好みの逸話の一つを言い出す恐るべき不可避性(避けがたさ)を予知するが,一方,彼(その人)自身には自分は決して法則には従わずに自発的な(spontaneous 自然な)衝動によって行動しているように思われる。親密な経験に由来する(から得られる)詳細な知識は必ずしも科学の求める普遍的な知識(the generalized kind of knowledge)を最も容易に与えてくれるもの(source 源)とは限らない。単純な自然法則の発見だけでなく,我々がよく知ってい世界(world)の漸進的発展説も,天文学に始まった(注:聖書にでてくるような一瞬の内に神によって世界が創造されたとする説に対するもの)。しかし,前者と異なり後者については,それが最も顕著に適用されたのは,我々の惑星上(地球上)の生命の発展に関してであった。我々が今考察しようとする進化説は,天文学(注:宇宙進化説)に始まったはいえ,地質学や生物学において,一層学問的な重要性を持っており,その両者においては,コペルニクス説の勝利以後,天文学に対して注がれた偏見よりももっと頑迷な神学的偏見と闘わなければならなかった(のである)。

Chapter 3: Evolution, n.1

The sciences have developed in an order the reverse of what might have been expected. What was most remote from ourselves was first brought under the domain of law, and then, gradually, what was nearer : first the heavens, next the earth, then animal and vegetable life, then the human body, and last of all (as yet very imperfectly) the human mind. In this there is nothing inexplicable. Familiarity with detail makes it difficult to see broad patterns ; the outlines of Roman roads are more easily traced from aeroplanes than from the ground. A man's friends know what he is likely to do better than he does himself ; at a certain turn in the conversation, they foresee the dreadful inevitability of one of his favourite anecdotes, whereas to himself he seems to be acting on a spontaneous impulse by no means subject to law. The detailed acquaintance derived from intimate experience is not the easiest source for the generalized kind of knowledge which science seeks. Not only the discovery of simple natural laws, but also the doctrine of the gradual development of the world as we know it, began in astronomy ; but the latter, unlike the former, found its most notable application in connection with the growth of life on our planet. The doctrine of evolution, which we are now to consider, though it began in astronomy, was of more scientific importance in geology and biology, where, also, it had to contend with more obstinate theological prejudices than were brought to bear against astronomy after the victory of the Copernican system.
(掲載日:2018.08.06 /更新日: )