(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


REligion and Science, 1935

ラッセル『宗教と科学』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) 第1章_イントロ累積索引 Next(次ページ) Contents(総目次)
 

第1章 闘争の原因 n.8

 けれども,宗教生活のある側面もしかすると最も望ましい側面が存在している。それは(その側面は),科学の(諸)発見とは独立しており(科学のの影響を受けず),我々が宇宙の本質についてどのように考えるようになるとしても存在し続ける可能性がある。宗教は(これまで)教義や教会とだけでなく,宗教の重要性を感じる人々個人的な生活とも結びつきを持ってきた。最も優れた聖人や神秘家たちにおいては(にあっては),一定の教義に対する信念人生の目的についてのある一定の感じ方とが結合して存在していた。人間の運命の諸問題や,人類の苦悩を減らしたいという欲求や,将来我々の種(人類)は最適の可能性を実現するだろうという希望,を深く感じる人は、− その人は伝統的なキリスト教をほとんど受け入れないとしても− 今日,宗教的な物の見方を持っている(身につけている)としばしば言われる。宗教一連(一組)の信仰個条にあるというよりも一定の感じ方にある限り,科学は宗教に触れる(touch 動かす)ことはできない。もしかすると,教義の衰退は、心理的に,そういった感じ方をしばらくの間,より困難にするかも知れない。難しくする理由は,そういった感じ方は神学的信念と非常に密接に結びついてきたからである。しかしそういった困難に永久にこらえる必要はない。事実,多くの自由思想家たちは,その生涯において,そういった感じ方と教義とは何ら本質的な関係を持っていないことを示してきた。<真の卓越さ根拠のない信念に密接に結びつくはずはない。そして,もし神学的信念根拠のないものであるならば,それは宗教的なものの見方における善きものを保持するのに必要なはずはない(cannot be)。そのように考えないというのは,我々が発見するかも知れないことついての恐怖をいっぱい抱いていることであり,それは我々が世界を理解しようとする試みの邪魔をするであろう。しかし,真の知恵が可能になるという理解に我々が達するのは,その方策の中にのみあるのである(根拠のない信念の上にたってはいけない,ということ)。

Chapter 1: Grounds of Conflict, n.8

There is, however, one aspect of the religious life, and that perhaps the most desirable, which is independent of the discoveries of science, and may survive whatever we may come to believe as to the nature of the universe. Religion has been associated, not only with creeds and churches, but with the personal life of those who felt its importance. In the best of the saints and mystics, there existed in combination the belief in certain dogmas and a certain way of feeling about the purposes of human life. The man who feels deeply the problems of human destiny, the desire to diminish the sufferings of mankind, and the hope that the future will realize the best possibilities of our species, is nowadays often said to have a religious outlook, however little he may accept of traditional Christianity. In so far as religion consists in a way of feeling, rather than in a set of beliefs, science cannot touch it. Perhaps the decay of dogma may, psychologically, make such a way of feeling temporarily more difficult, because it has been so intimately associated with theological belief. But this difficulty need not endure for ever ; in fact, many freethinkers have shown in their lives that this way of feeling has no essential connection with a creed. No real excellence can be inextricably bound up with unfounded beliefs ; and if theological beliefs are unfounded, they cannot be necessary for the preservation of what is good in the religious outlook. To think otherwise is to be filled with fears as to what we may discover, which will interfere with our attempts to understand the world ; but it is only in the measure in which we achieve such understanding that true wisdom becomes possible.
(掲載日:2018.07.05/更新日: )