(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


REligion and Science, 1935

ラッセル『宗教と科学』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) 第1章_イントロ累積索引 Next(次ページ) Contents(総目次)
 

第1章 闘争の原因 n.4

 (当時)教育を受けた人たち中世のものの見方には今日では失われてしまっている論理的な統一(性)があった。科学が攻撃せざるをえなかった教義(キリスト教の信条/教義)の権威を持った解釈者(the authoritative exponent)として,トマス・マクィナスをとりあげてよいであろう。彼は −彼の見解は今日なおローマン・カトリック教会の見解であるが− キリスト教の根本的真理のなかには,(神の)啓示(黙示)の助けなしに,理性だけで(unaided reason)証明されうるものがあると主張した。これらの根本的真理のなかには,全能にして慈悲深い創造主の存在(創造主が存在すること)がある。造物主(神)の全能と慈悲から,神は,神の意志に従うのに必要であろう程度まで,被造物神の布告(His decree)を知らないままにさせておくことはなかった(=知らせることにした),ということになる(it follow that 論理的にそういうことになる)。従って(神意被造物である人間に知らせるために),神の啓示(黙示)が存在しなければならず,それは明らかに聖書や教会の決定事項の中にに含まれている(とされる)。この点が確保されれば,我々人間が知る必要のあるその他のことは, 聖典(Scriptures)やキリスト教公会議の公式見解(the pronouncements of oecumenical Councils)から推論することができる。(即ち)。全ての議論は,以前にキリスト教国のほとんど全ての人々によって受け入れられていた前提から演繹的に進行し,その議論が今日の読者にほ時に誤りのようにたとえ思われたとしても(注: if = evenif),当時の大部分の教養ある人々にはその誤謬は明らかなものではなかった(のである)。

 ところで,論理的統一(性)は,長所(強み)であると同時に短所(弱さ)でもある。論理的統一性が長所(強み)であるのは,論理的統一(性)は,議論の一つの段階を認める者は(論理的におかしくなければ)誰でもその後の全ての段階を受け入れなければならないということを保証するからであり,それが短所(弱点)であるのは,後の段階の任意の段階を斥ける者は,必ず少なくとも,前の段階の中のどれかの段階を斥けなければならないからである。(キリスト)教会は,科学との闘争において,教義の論理的一貫性をから生じる長所(強さ)と短所(弱さ)とをともに示した(のである)。

Chapter 1: Grounds of Conflict, n.4

The mediaeval outlook of educated men had a logical unity which has now been lost. We may take Thomas Aquinas as the authoritative exponent of the creed which science was compelled to attack. He maintained -- and his view is still that of the Roman Catholic Church -- that some of the fundamental truths of the Christian religion could be proved by the unaided reason, without the help of revelation. Among these was the existence of an omnipotent and benevolent Creator. From His omnipotence and benevolence it followed that He would not leave His creatures without knowledge of His decrees, to the extent that might be necessary for obeying His will. There must therefore be a Divine revelation, which, obviously, is contained in the Bible and the decisions of the Church. This point being established, the rest of what we need to know can be inferred from the Scriptures and the pronouncements of œcumenical Councils. The whole argument proceeds deductively from premisses formerly accepted by almost the whole population of Christian countries, and if the argument is, to the modern reader, at times faulty, its fallacies were not apparent to the majority of learned contemporaries.

Now logical unity is at once a strength and a weakness. It is a strength because it insures that whoever accepts one stage of the argument must accept all later stages ; it is a weakness because whoever rejects any of the later stages must also reject some, at least, of the earlier stages. The Church, in its conflict with science, exhibited both the strength and the weakness resulting from the logical coherence of its dogmas.

(掲載日:2018.06.29/更新日: )