本館へ) (トップへ) (分館へ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


 *適宜アップデートします。(2007.**.** 現在)← 「R落穂拾い」に発展的に解消しました!

ラッセルの著作に関する短いコメント(順不同)


日高晋「仕事と気ばらし」(『(岩波)図書』n.359(1979年7月号巻頭言)より
(前略)
 河口慧海のはかねてからその存在をきき、ぜひ読みたいと思っていた。だから講談社学術文庫で出版されたのがありがたかった。チベッ独特の風習を知ってふと、とり合わせは妙だが、以前岩波文庫で読んだB.ラッセルの『数理哲学序説』を思い出した。そこでは一対一、一対多、多対一の関係を、キリスト教社会、イスラム社会、チベット社会の夫と妻との関係だ、と説明してあったのである。(ひだか・ひろし 法政大学・経済学) (後略)



>