(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第18章__累積索引 Contents(総目次)
 

第18章 権力を手懐けること, n.19

 

U

 国家が株式会社(法人)の立場(place)にあった場合も,その状況(前述の事態)は本質においてまったく異なるものではない。実際,一般株主(平均的な株主/普通の株主/少株主)を無力にするのは株式会社(法人)の規模であるので,一般株主は(大企業よりも規模の大きい)国家に対していっそう無力になりそうである。(たとえば)戦艦公共財(注:誰もが部分的な所有権/使用権がある財産)であるが,もし,それを理由に,あなた(注:無力な一市民)が所有権を行使しようとするならば,たちまちあなたにはそんな権利はない(注:you will be soon put in your place 自分の立場に置かれる/自分の立場を考えよ)と言われるであろう。これに対する矯正策が確かに(一つ)ある。(即ち)あなたは,次の総選挙において,海軍関係の予算の削減に賛成の候補者を見つけることができれば、その候補者に一票を投ずることができる。さもなければ,新聞に投書して,海兵隊員に艦艇見学者(海軍見学者)に対してもっと礼儀正しくあるべきだと促すことができる。しかし,あなたはそれ以上のことは出来ない。

 しかし,戦艦資本家が支配する国(capitalist State)に所属しているが(持ち物であるが),それが労働者が支配する国(workers' State)に所属するようになれば(持ち物になれば),すべてが異なるであろう(違ってくるであろう),と言われる。このような見かたは,私には,経済的権力は現在では所有(権)の問題というよりも,むしろ統治の問題だという事実を,把握できなかったことを示しているように思われる。たとえば,US製鉄株式会社がアメリカ合衆政府に引き継がれたとしても(国営化/公営化されたとしても)(注:If = Even if),それでもなお,(誰かが)この会社を経営する必要があるであろう。その(国有化後の新しい)経営陣は,現在その会社を経営している人々と同じ人々か,あるいは現在の経営陣と同等の能力を持ち同じ物の見方をする人たちか,そのどちらかであろう。現在の経営陣が現在の株主たちに対して持っている態度を,(国有化後の)経営陣は市民たちに対して持つこととなるであろう。確かに,彼ら(新しい経営陣)は政府に従うであろうが,しかし、政府が民主的かつ世論に対して責任を持っていなければ,官僚(役人)の物の見かたとかなりよく似た物の見かたをすることになるであろう。

Chapter 18: The taming of Power, n.19

II

The situation is in no way essentially different when the State takes the place of a corporation; indeed, since it is the size of the corporation that causes the helplessness of the average shareholder, the average citizen is likely to be still more helpless as against the State. A battleship is public property, but if, on this ground, you try to exercise rights of ownerrship, you will be soon put in your place. You have a remedy, it is true: at the next General Election, you can vote for a candidate who favours a reduction in the Navy Estimates, if you can find one; or you can write to the papers to urge that sailors should be more polite to sightseers. But more than this you cannot do.

But, it is said, the battleship belongs to a capitalist State, and when it belongs to a workers' State everything will be different. This view seems to me to show a failure to grasp the fact that economic power is now a matter of government rather than ownership. If the United States Steel Corporation, say, were taken over by the United States Government, it would still need men to manage it; they would either be the same men who now manage it, or men with simmilar abilities and a simmilar outlook. The attitude which they now have towards the shareholders they would then have towards the citizens. True, they would be subject to the government, but unless it was democratic and responsible to public opinion, it would have a point of view closely simmilar to that of the officials.
1
(掲載日:2018.05.29/更新日: )