(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第14章__累積索引 Contents(総目次)
 

第14章 競争, n.11

 政府がたとえば誰か特定の人物暗殺駆り立てるような宣伝を許してよい,とは私は考えない。というのは,このような場合においては,そういった宣伝によって改心する(心が動かされる)人はたとえほとんどいないとしても,勧められている行動が起こるかも知れないからである。市民が法的に死刑(判決)を受けているのでなければ,市民の生命を守ること国家の義務であり,また,誰かを暗殺することを支持する扇動が存在していれば,その(暗殺)対象の人を保護することは非常に困難になるかも知れないからである。ワイマール共和国はこの点で手ぬるすぎた。しかし私は,安定した政府は(政府が安定している場合には),ある階級の人々を「法的に」死刑に処すことに賛成するような扇動(アジ)を禁止すべきだとは考えない。というのは,そのような扇動(アジ)には合法性を脅かすものはまったく含まれてないからである。(注:特定の個人を対象にしていないこと,また政府が安定している場合という限定があることに注意。たとえば「ブルジョア階級を殲滅せよ!」と野次っていても、本当に殺せといっているわけではなく、「法的に」支配階級から引き釣り降ろせと言っているだけであり、政府が安定している場合にはあまり害はない、といったニュアンス。ただし、政府が安定していなくて,革命前夜のような状況においては単なるアジに終わらない可能性があるので別である。)

 政府の観点(見地)から言ってさえ,国家の存立に対する危険を含まない意見に干渉することには,正当な理由はまったくない。もしある人が,地球は平らだとか,安息日は土曜日に守らなければならない。(注:キリスト教の安息日は通常日曜日だが、一部の宗派では土曜日を安息日としている。)といった意見を抱いているなら,その人が全力をあげて他の人々を自分の考えかたに変えさせようとすることは自由でなくてはならない。国家は,自らを,科学や形而上学や道徳(など)の真理の守護者だと,考えてはならない。これまで大部分の場合,そのように(国家は真理の守護者)考えられてきたし,現在,ドイツ,イタリア、ロシアにおいては,そのように考えられている。しかし,それは(それらの国家の)弱さを告白していることであり,安定した国家は,そのような弱さを免れていなければならない。

Chapter 14: Competition, n.11

I do not think that a government should ever allow a propaganda urging, say, the assassination of some particular person. For in this case the action recommended may take place even if very few men are converted by the propaganda. It is the duty of the State to protect its citizens' lives unless they have legally incurred the death penalty, and if there is an agitation in favour of some one's assassination it may become very difficult to protect him. The Weimar Republic was too lax in this respect. But I do not think that a stable government ought to prohibit an agitation in favour of making some class of persons legally liable to the death penalty, for such an agitation would involve no threat to legality.

There can be no good reason, even from a governmental point of view, for interference with opinions which do not involve danger to the existence of the state. If a man holds that the earth is flat, or that the Sabbath should be observed on Saturday, he should be free to do his best to convert people to his way of thinking. The State should not regard itself as the guardian of the Truth in science, metaphysics, or morals. It has done so at most times, and does so at present in Germany, Italy, and Russia. But this is a confession of weakness, from which stable States should be exempt.

1
(掲載日:2018.02.07 /更新日: )