(本館)  (トップ)  (分館)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power; a new social analysis, by Bertrand Russell
(London; George Allen & Unwin, 1938)


総目次

第13章 組織と個人 イントロ累積版

  1. 人間は,社会(共同体)の中で暮すことを有益(有利)だと(経験から)知っている。

  2. 組織(体)は,公的なものであれ民間のものであれ,個人に対して二通りの仕方で影響を及ぼす。

  3. 一方(meanwhile 話変わって),民主主義国においては,子供は,国家がふるう影響力以外のいろいろな影響力にさらせれる。

  4. 青年男女が金を稼ぎ始めるやいなや多種多様の(多くの)組織が彼らの活動に影響を与え始める。

  5. これまでのところ,文明社会に特有の組織体の影響(effect 効果/結果)は,(たとえば)比較的未発達な社会における小作農(peasant 貧しい農民)と比べて,人間の自由を増加させることである。

  6. (次に)もう一つの種類の組織体(another class of organizations),(即ち)他人に対して危害を加えることを防ぐ目的でデザイン(計画/設計)された組織体(組織化されたもの)について考えよう。

  7. ここまでのところ,我々は戦争と革命について,あるいは戦争と革命の恐怖について,まったく考慮してこなかった。

  8. 以上の手短な概観から,概して(大部分については),組織(体)の影響は,政府の自己保存(本能)から生ずる結果は別として,個人の幸福と福祉を増進させるようなものである,と結果として言えそうである。

  9. 個人が種々の組織(体)に対して持つ関係の分類法として,もう一つ別の方法がある。

  10. 自由会員(自由意志の会員)からなる組織には,政党,教会,クラブ,共済組合(friendly societies),投資先の企業,その他がある。

  11. 人がその意志にかかわらず成員になってしまう組織(体)のなかで最重要なのは国家である。

  12. 国家に対する忠誠には,積極的な動機と消極的な動機の両方がある。
第14章 競争