(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル『教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 18(第18章) Index

Contents(目次)
第三部 知性の教育
 第18 大学(OE18-030)


 こうして,大学は,中世において占めていた地位に類似した地位に逆戻りしつつある。即ち,大学は,専門職のための養成学校になりつつある。弁護士,聖職者,医者は,通常,大学教育を受けている。上級公務員(一級公務員=高級官僚)も,同様である。(注:日本でも,お寺の跡取りを教育する仏教系の大学が多数ある。東大法学部も創設当時の第一の目的は,上級公務員=高級官僚の養成が第一であったし,現在でもそうである。/ civil service = 公務員)技術者(技師)や種々の業種の専門家(technical workers 安藤訳では「技術者」となっているが,この technical は「専門の」という意味であろう。/a technical book = 専門書;a technical term = 術語,専門用語; technical schools = 専門学校)も,大卒者の数がいだいに増えている。世界がより複雑になり,産業がより科学的になるにつれ,ますます多くの専門家が必要になる。そして,主として,そういう人たちは大学から供給されるのである。古風な人たちは,専門学校が純粋な学問の場に侵入してくることを嘆くけれども,それにもかかわらず,この状況は続いている。なぜなら,「教養」などなんとも思わない金権主義者たち(plutcrats)がそれを要求するからである。純粋な学問の敵は,反乱を起こした(暴走した)民主主義ではなく,金権主義者なのである。「無用の」学問(直接的に利益を生まない学問)は,「芸術のための芸術」と同様,貴族主義的な理想であり,金権主義的な理想ではないのである。(つまり)この貴族主義的な理想が残っているところでは,ルネッサンスの伝統がまだ廃れていないからである。私は,この理想が廃れるのを非常に残念に思っている。純粋な学問は,貴族主義と結びついた最上のものの一つであった。しかし,貴族主義の弊害は,この長所を容易に凌駕するほど非常に大きかった。いずれにせよ,産業主義は,私たちが望んでも望まなくても,貴族主義を抹殺するにちがいない。それゆえ,私たちは,貴族主義に新しくかつより強力な理念を付与することによって,救うことができるものを救う決心をしたほうがよいだろう。即ち,単に伝統にしがみついているかぎり,負け戦さを戦うことになるだろう。

Pt. 3: Intellectual education
Chap.18 The University (OE18-030)

The universities are thus reverting to a position more analogous to that which they occupied in the Middle Ages ; they are becoming training schools for the professions. Barristers, clergymen, and medical men have usually had a university education ; so have the first division of the civil service. An increasing number of engineers and technical workers in various businesses are university men. As the world grows more complicated and industry becomes more scientific, an increasing number of experts are required, and in the main they are supplied by the universities. Old-fashioned people lament the intrusion of technical schools into the haunts of pure learning, but it continues none the less, because it is demanded by plutocrats who care nothing for "culture". It is they, much more than the insurgent democracy, who are the enemies of pure learning. "Useless" learning, like "art for art's sake", is an aristocratic, not a plutocratic, ideal ; where it lingers, it is because the Renaissance tradition is not yet dead. I regret the decay of this ideal profoundly ; pure learning was one of the best things associated with aristocracy. But the evils of aristocracy were so great as easily to outweigh this merit. In any case, industrialism must kill aristocracy, whether we desire it or not. We may as well make up our minds, therefore, to save what we can by attaching it to new and more potent conceptions ; so long as we cling to mere tradition, we shall be fighting a losing battle.

(掲載日:2015.07.31/更新日: )