(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 3(第3章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第3章 生後第一年(OE03-080)


 しかし,概して,学びたいという赤ん坊の欲求は非常に強いので,親はただ機会を提供しさえすればよい。子供に伸びるチャンスを与えれば,あとのことは子供自身の努力でやるだろう。子供に,はったり,歩いたりあるいはその他の筋肉をコントロールする初歩を教える必要はない。もちろん,私たちは,子供に話しかけることによって話すことを教えている。しかし,故意にいろいろ単語を教えようと試みることによって,何らかの目的に役立つかどうかは疑わしい。子供たちは,マイペースで学習するので,無理じいするのは誤りである。生涯を通じて,努力ヘの大きな刺激となるのは,最初の困難を切り抜けて成功するという経験である。その困難は,落胆させるほど大きくてもいけないし,努力ヘの刺激にならないほど小さくてもいけない。生まれてから死ぬまで,これは根本的な原則である。私たちは,自分でやってみることによって学ぶ。大人にできることは,子供がやってみたいと思うような簡単な動作 -たとえば,ガラガラを鳴らすなど- をやってみせて,そうして,子供がそのやり方を見つけるようにすることである。(その子ども以外の)他の人がやってみせることは,(子どもの)野心への刺激にすぎない。それ自体で教育となるわけでは決してない。
 幼年期の初期,とりわけ生後一年間は,規則的であることと,きまった日課は最も大切である。睡眠,食事,排泄については,最初から規則正しい習慣をつけなければならない。さらに,周囲の事物が親しみのあるものであることは,精神的に非常に重要である。それは,(物を)認識(すること)を教え,過度の緊張を回避させ,安心感を生み出す。自然の画一性を信じることは科学の前提の一つとされているが,これは,まったく安全を願う気持ちに由来していると,私はときどき考えたことがあった。私たちは,予期したことにはうまく対処できるが,自然の諸法則が突然変わってしまったならば,私たちは滅んでしまうだろう。幼児は,無力ゆえに,安心させてあげる必要がある。そこで,もしも起こることがすべて予測できるくらいに,不変の法則に従って起こるように思われるならば,幼児は,より幸福になれるだろう。幼児期後期には,冒険を愛する気持ちが発達するが,生後一年間は,見慣れないものは全て不安を起こさせがちである。もしできるならば,幼児に恐怖を感じさせてはならない。仮に子供が具合が悪くなり,あなたが心配していても,細心の注意を払って,あなたの不安な気持ちを隠しておこう。暗示によって不安な気持ちが子供に伝わらないすべきだからである。興奮させるようなことはいっさい避けなければならない。赤ん坊が眠ったり食べたり排泄したりするべき時にそうしなくても,それを気にしていることを悟らせて,子どもに自分は重要な人間だと思わせてはならない。これは,生後一年間にあてはまるだけでなく,その後の数年間にいっそうあてはまることである。食事のような,必要で正常な行為は,[子どもにとって)当然快楽であるはずなのに,あなたがそれを望んでおり,あなたを喜ばせるために子供にそれをしてもらいたがっているのだ,と赤ん坊に思わせてはいけない。そのようなことをすれば,子供はすぐに,新しい権力の源を手に入れたことに気づき,自発的にしなければいけないことでも,それをするようにおだてられることを期待するようになる。幼児にはそのような行いをする知性はないと想像してはいけない。幼児は,能力は小さく,知識は乏しいにしても,そういう制限を受けないところでは,おとなとまったく同じだけの知能を持っているのだ。幼児は,生後十二ケ月間に,その後の同じ期間には二度と学習できないほど多くのことを学習する。幼児に非常に活発な知性(知能)がないのであれば,これは不可能なはずである。
 以上をまとめれば,生まれたばかりの赤ん坊でも,将来この世でしかるべき位置を占める人間として,尊敬をもって扱おう。あなたの現在の都合のために,あるいは,赤ん坊を甘やかして楽しむために,赤ん坊の未来を犠牲にしてはならない。どちらも,負けず劣らず有害である。他の場合と同様,この場合も,正しいやり方に従おうとするのであれば,愛情と知識の結びつきが不可欠であるる。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 3: The first year (OE03-080)

But on the whole an infant's desire to learn is so strong that parents need only provide opportunity. Give the child a chance to develop, and his own efforts will do the rest. It is not necessary to teach a child to crawl, or to walk, or to learn any of the other elements of muscular control. Of course we teach a child to talk by talking to it, but I doubt whether any purpose is served by deliberate attempts to teach words. Children learn at their own pace, and it is a mistake to try to force them. The great incentive to effort, all through life, is experience of success after initial difficulties. The difficulties must not be so great as to cause discouragement, or so small as not to stimulate effort. From birth to death, this is a fundamental principle. It is by what we do ourselves that we learn. What grown-up people can do is to perform some simple action that the child would like to perform, such as rattling a rattle, and then let the child find out how to do it. What others do is merely a stimulus to ambition ; it is never in itself an education.
Regularity and routine are of the utmost importance in early childhood, and most of all in the first year of life. In regard to sleep, food, and evacuation, regular habits should be formed from the start. Moreover, familiarity of surroundings is very important mentally. It teaches recognition, it avoids overstrain, and it produces a feeling of safety. I have sometimes thought that belief in the uniformity of nature, which is said to be a postulate of science, is entirely derived from the wish for safety. We can cope with the expected, but if the laws of nature were suddenly changed we should perish. The infant, because of its weakness, has need of reassurance, and it will be happier if everything that happens seems to happen according to invariable laws, so as to be predictable. ln later childhood, the love of adventure develops, but in the first year of life everything unusual tends to be alarming. Do not let the child feel fear if you can possibly help it. If it is ill, and you are anxious, hide your anxiety very carefully, lest it should pass to the child by suggestion. Avoid everything that might produce excitement. And do not minister to the child's self-importance by letting it see that you mind if it does not sleep or eat or evacuate as it should. This applies not only to the first year of life, but still more to the subsequent years. Never let the child think that a necessary normal action, such as eating, which ought to be a pleasure, is something that you desire, and that you want it to do to please you. If you do, the child soon perceives that it has acquired a new source of power, and expects to be coaxed into actions which it ought to perform spontaneously. Do not imagine that the child has not the intelligence for such behaviour. Its powers are small and its knowledge is limited, but it has just as much intelligence as a grown-up person where these limitations do not operate. It learns more in the first twelve months than it will ever learn again in the same space of time, and this would be impossible if it had not a very active intelligence.
To sum up: Treat even the youngest baby with respect, as a person who will have to take his place in the world. Do not sacrifice his future to your present convenience, or to your pleasure in making much of him : the one is as harmful as the other. Here, as elsewhere, a combination of love and knowledge is necessary if the right way is to be followed.

(掲載日:2015.02.27/更新日: )