(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第十五章 家族と国家 n.3

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十五章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

 第十五章 家族と国家 n.3

 現在,あらゆる国において,賃金労働者階級では父親の権力と役割・機能に対して国家の干渉が絶えず増大しつつあるのに,その他の階級では(ロシアは別として)それに対応する干渉が見られない,という傾向がある。それは,。この結果,金持ち貧しい人々との間に,それぞれ,かなり異なる二つの物の見方が生まれてくる。そして,それには,貧しい人々に関するところでは家族の弱体化が伴っているが,金持ちについては対応する変化が見られない。過去において国家の干渉を引き起こした子供に対する人道主義的な感情は継続し,ますます多くの干渉を引き起こす,と想定してよいだろうと私は考える。たとえば,ロンドンの貧民地区の非常に多くの子供たち,及び,北部の工業都市のもっと多くの子供たちが,くる病(rickets)にかかっているという事実は,公共の活動を要請する事実である。けれども,親は,どんなにそうしたいと思っても,この害悪に対処すること(deal with the devil 悪魔と取引をすること)ができない。なぜなら,そのためには,日常の食事と,新鮮な空気と,日光という条件が必要であるのに,親にはこういうものを用意する力がない(not in a position to 立場にいない)からである。子供の一生の最初の数年間に健康を損なうままにしておくことは,残酷なだけでなく,不経済(wasteful)でもある。そうして,衛生(学)や(毎日の)食事がもっとよく理解されてくるにつれて,子供が無用に健康を損ねるままにしてはいけない,という要請が次第に高まるだろう。もちろん,こうした提案にはすべて,熱心な政治的な抵抗があることは事実である。ロンドンの全ての自治区裕福な人々は,一致団結して地方税(rates)を抑えようとする。つまり,貧しい人々の病気と不幸を軽減するようなことは,できるだけしないようにする(のである)。(ロンドンの)ポプラー区の場合のように,地方当局(local authorities)が幼児死亡率を減らすための真に効果的な措置を講じると,当局者(責任者)は投獄される(のである)。(原注:1922年には,幼児死亡率は,ポフラー区ではケンジントン区よりも1000分の5低かった。1926年ポプラ一区元の法規に戻して厚生事業をした後は,幼児死亡率は,ポプラ一区のほうがケンジントン区よりも1000分の10高くなった(のである)。
 にもかかわらず,金持ちのこうした抵抗は,絶えず克服されつつああり,貧しい人々の健康は,絶えず改善されつつある。それゆえ(従って),我々は,自信をもって期待してよいが,近い将来,賃金労働者の子供の世話に関しての国家の機能は,縮小されるというよりも拡大されるだろうし,それに応じて,父親の役割・機能は縮小されるだろう。父親の生物学的な目的は,子供が無力な期間保護することであるから,この生物学的な機能が国家に引き継がれるならば,父親はその存在理由を失う(ことになる)。だから,資本主義社会においては,社会がますます2つの階級に分裂していくものと予想しなければならない。即ち,古いかたちのままに家族を維持する金持ちと,伝統的には父親に属していた経済的な機能をますます国家が果たすことを期待する貧しい人びと(との2つの階級)である。

Chapter XV: The Family and the State, n.1

The present tendency in all countries is towards a continually increasing interference of the State with the power and functions of the father in the wage-earning class, without any corresponding interference (except in Russia) in other classes. The effect of this is to produce two rather different kinds of outlook among the rich and the poor respectively, with a weakening of the family where the poor are concerned, and no corresponding change as regards the rich. It may, I think, be assumed that humanitarian sentiment towards children, which has caused past interventions of the State, will continue, and will cause more and more interventions. The fact that an immense percentage of children in the poor parts of London, and still more in the industrial cities of the North, suffer from rickets, for example, is one which calls for public action. The parents cannot deal with the evil, however much they may wish to do so, since it requires conditions of diet and fresh air and light which they are not in a position to provide. It is wasteful as well as cruel to allow children to be physically ruined during the first years of their lives, and as hygiene and diet come to be better understood, there will be an increasing demand that children should not be made to suffer unnecessary damage. It is true, of course, that there is a vehement political resistance to all such suggestions. The well-to-do in every London borough band themselves together to keep down the rates, that is to say, to ensure that as little as possible shall be done to alleviate illness and misery among the poor. When local authorities, as in Poplar, take really effective measures to diminish infant mortality, they are put in prison. (note: In I922, the infant death-rate was five per thousand lower in Poplar than in Kensington; in I926, after the restoration of legality in Poplar had done its beneficent work, it was ten per thousand higher in Poplar than in Kensington.) Nevertheless, this resistance of the rich is continually being overcome, and the health of the poor is continually being improved. We may therefore confidently expect that the functions of the State in regard to the care of wage-earners' children will be extended rather than curtailed in the near future, with a corresponding diminution in the functions of fathers. The biological purpose of the father is to protect children during their years of helplessness, and when this biological function is taken over by the State, the father loses his raison d'etre. We must, therefore, in capitalistic communitiess expect an increasing division of society into two castes, the rich preserving the family in its old form, and the poor looking more and more to the State to perform the economic functions traditionally belonging to the father.
(掲載日:2016.11.14/更新日: )