(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第七章 女性の解放 n.6

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第7章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

第七章 女性の解放 n.6

 この種の状況は、もちろん、非常に不安定である。それは、二つの事柄のうちどちらが先に起こるかという問題である。(即ち)、老人たちがその事実に気づいて、若い人たちから新しく獲得した自由を取り上げる(奪い取る)仕事にとりかかるか、あるいは、若い人たちが成長していって、威厳のあるまた重要な(有力な)地位をみずから獲得することで、新しい道徳に権威ある認可をあたえることが可能になるのか、である。おそらくは、いくつかの国々ではこれらの成り行きの一つが見られ、ほかの国々ではもう一つの成り行きが見られるのだと思われる。
 イタリア(注:カトリックが優勢な国)においては、他の万事がそうであるように、不道徳が政府の特権であるところにおいては、「美徳」を強制しようとする企てが精力的になされている。ロシアにおいては、事情はまさに正反対である。ロシア政府は、新しい道徳(性道徳)の味方をしているからである。ドイツの新教地域では、自由が勝つものと予想される一方、(ドイツの)カトリック地域では、(成り行きは)ずっと疑わしい。フランスにおいては、由緒あるフランス流の伝統(慣習)を捨て去る(振り払う)見込みはまずなさそうである。その伝統では、不道徳には、一定の明確に黙認される形式があり、それ(不道徳行為)はそこから(その形式から)はみ出してはならないことになっている。イギリスやアメリカにおいてどういうことが起こるか、あえて予言するつもりはない。
 
 

Chapter VII: The Liberation of women

A situation of this sort is, of course, very unstable. It is a question which of two things will happen first: either the old will become aware of the facts and will set to work to deprive the young of their new-won freedom, or the young, growing up, will themselves acquire positions of dignity and importance, which will make it possible to give the sanction of authority to the new morality. It is to be presumed that in some countries we shall see one of these issues, and in others, the other. In Italy, where immorality, like everything else, is a prerogative of the Government, a vigorous attempt is being made to enforce "virtue". In Russia the exact opposite is the case, since the Government is on the side of the new morality. In the Protestant parts of Germany freedom may be expected to win, while in the Catholic parts the issue is much more doubtful. France is hardly likely to be shaken out of the time-honoured French convention in which immorality has certain definitely tolerated forms outside which it must not go. What will happen in England and America, I do not venture to prophesy.
(掲載日:2016.07.29 /更新日: )