(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第七章 女性の解放 n.5

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第7章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

第七章 女性の解放 n.5

 この運動全体は、いまだ、ごく初期の段階にあり、今後どのように発展していくか予言することは不可能である。フェミニズム運動の支持者や実践家は、今のところ、大部分非常に若い。彼らは、有力者や重要人物の間に擁護者(champions)をほとんど持っていない。警察、法律、教会(キリスト教会)及び彼らの両親といった権力の所有者たち(repositories of power 権力の宝庫)は、そういった事実(フェミニスト運動をやっていること)を知るようになると常に彼ら(注:若いフェミニストたち)に反対する。しかし、一般的に、若い人たちは、自分たちが苦しみを与えそうな人びとにそういう事実を隠しておくだけの親切心を持ち合わせている。(米国の)リンゼー判事のように、事実を公然と発表する著作家(物書き)は、年寄りたちから、若い人たちを誹謗中傷していると考えられるが、当の若い人たちは、自分たちが誹謗中傷されているという意識を持っていない。
 
 

Chapter VII: The Liberation of women, n.5

This whole movement is as yet in a very early phase, and it is impossible to say how it will develop. Its adherents and practitioners as yet are mostly quite young. They have very few champions among persons of weight and importance. The police, the law, the Church and their parents are against them whenever the facts come to the knowledge of these repositories of power, but in general the young have the kindness to conceal the facts from those to whom they would cause pain. Writers who, like Judge Lindsey, proclaim the facts are thought by the old to be libelling the young, though the young remain unconscious of being libelled.
(掲載日:2016.07.28 /更新日: )