(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』序論 n.8(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Forward (次ページ) 序論 イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

序論 (承継)

 以上列挙した全ての観点から吟味された後でなければ、いかなる性倫理(注:sexual ethic/ethics なら「倫理学」も、しっかりした根拠に立って、その是非(正当化できるか,不適切とするか)を決めることはできない。(性倫理の)改革者も反動家も,同様に、問題の一つの側面かあるいはよくても二つの側面しか考察しない癖(傾向)がある。特に、個人的な観点と政治的な観点とが組みあわさっている場合(両方の側面から検討されていること)は稀である。このうちの一方が他方よりも重要であるとは絶対に言えないにもかかわらずである(注:and yet それは「~にもかかわらず。http://eigo-jouhou.com/what-is-and-yet-what-is-but-yet/)。また、個人的な観点から見て良い制度は、政治的な観点から見ても良い制度であるとかその逆も真である,という確信を、我々は,アプリオリ(注:経験に依存せず・先見的)に抱くことはできない。
 私自身の信念は、大部分の時代及び場所において、人びとは、ぼんやりとした心理的な力に導かれて、まったく不要な残酷さを伴う制度を採用しており、この状況は、現代の最も文明の進んでいる民族の間でも現在においても(いまだ」)変わっていない、というものである。
 私は,また、医学や公衆衛生(衛生学)の進歩は、個人的観点及び公共的観点の両方から見て、性倫理(注:sexual ethics 最初の行に出てくる sexual ethic と異なった意味で使用していないようである。)の諸変化を望ましいものとしてきているとともに、他方、上述したとおり、教育における国家の役割が増してきたために、次第に父親は過去の時代ほど重要ではなくなりつつある、と信じている。
 従って、今日の(現行の)性倫理を批評する場合、二つ(二重)の課題がある。即ち、一方では、しばしば潜在意識になっている迷信(的要素)を除去しなければならないし、他方では、現在の知恵ではなく、過去の時代の知恵を愚かであるとするような、まったく新しい要素を考慮しなければならない。  既存の制度に関する展望(視野)を得るために、まず、過去に存在していた、あるいは、現在もあまり文明の進んでいない種族の間に存在している制度を考察することにする。次いで、今日、西欧文明の中で一般的になっている制度の特徴づけを行い、最後に、この現行の制度の改善すべき点と、そのような改善が行われるとよいと望む根拠を考察することにする。

Introduction

No sexual ethic can be either justified or condemned on solid grounds until it has been examined from all the points of view above enumerated. Reformers and reactionaries alike are in the habit of considering one or at most two of the aspects of the problem. It is especially rare to find any combination of the private and the political points of view, and yet it is quite impossible to say that either of these is more important than the other, and we can have no assurance a priori that a system which is good from a private point of view would also be good from a political point of view, or vice versa. My own belief is that in most ages and in most places obscure psychological forces have led men to adopt systems involving quite unnecessary cruelty, and that this is still the case among the most civilised races at the present day. I believe also that the advances in medicine and hygiene have made changes in sexual ethics desirable both from a private and public point of view, while, as already suggested, the increasing role of the State in education is gradually rendering the father less important than he has been throughout historical times. We have, therefore, a twofold task in criticising the current ethics: on the one hand we have to eliminate the elements of superstition, which are often subconscious; on the other hand we have to take account of those entirely new factors which make the wisdom of past ages the folly instead of the wisdom of the present.
In order to obtain a perspective upon the existing system, I shall first consider some systems which have existed in the past or exist at the present time among the less civlised portions of mankind. I shall then proceed to characterise the system now in vogue in Western civilisation, and finally to consider the respects in which this system should be amended and the grounds for hoping that such amendment will take place.



(掲載日:2016.05.31/更新日: )