(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.7:The sense of sin   Contents(総目次へ)

 我々の伝統的な倫理・道徳は,過度に'自己中心的'であり,'罪の観念'は,このような,自己に無分別に注意を集中することの一部(不可分の要素)である。この,誤った倫理道徳によって引きおこされた'主観的な気分'を経験したことのない人々にとっては,'理性'は必要ないかもしれない。しかし,かつてこの病気にかかったことのある人々にとっては,治療を効果的にするためには,'理性'が必要である。たぶん,この病気(にかかること)は,精神的発達において必要な1つの段階であろう。理性の助けによってこの病気を乗り越えた人は,この病気もこの病気からの治癒もいずれも経験しなかった人よりも,より高いレベルに到達したのだと,私は,考えたい(気がする)。現代において世間一般にゆきわたっている'理性に対する嫌悪'は,大部分,理性の働きについて,十分かつ根本的に理解されていないためである。自己分裂している人間は,'興奮'と'気晴らし'を追い求める。彼は,強い情熱を好むが,それには十分な理由があるわけではなく,しばらくの間,その情熱が我を忘れさせ,'骨の折れる思考の必要性'から遠ざけてくれるからである。彼にとって,いかなる情熱も陶酔の形となり,根本的な幸福などは想像できないので,彼には,'苦痛からの救い'はすべて陶酔の形でしか可能でないように思われる。しかし,これは,根の深い病気の徴候である。このような病気のないところでは,最大の幸福は,自分の能力を最も完全に所有しているときに,やってくる。最も強烈な喜びを経験できるのは,精神が最も活発で,忘れることが最も少ない瞬間である。これは,まさに,幸福の最良の試金石の一つである。いかなる種類のものであれ,陶酔を必要とするような幸福は,見せかけのものであり,不満足なものである。本当に満足できる幸福は,私たちの様々な能力を最大限に発揮させてくれるものであり,私たちの生きている世界を最大限に理解させてくれるものである。

Our traditional morality has been unduly self-centred, and the conception of sin is part of this unwise focusing of attention upon self. To those who have never passed through the subjective moods induced by this faulty morality, reason may be unnecessary. But to those who have once acquired the sickness, reason is necessary in effecting a cure. And perhaps the sickuess is a necessary stage in mental development. I am inclined to think that the man who has passed beyond it by the help of reason has reached a higher level than the man who has never experienced either the sickness or the cure. The hatred of reason which is common in our time is very largely due to the fact that the operations of reason are not conceived in a sufficiently fundamental way. The man divided against himself looks for excitement and distraction; he loves strong passions, not for sound reasons, but because for the moment they take him outside himself and prevent the painful necessity of thought. Any passion is to him a form of intoxication, and since he cannot conceive of fundamental happiness, all relief from pain appears to him solely possible in the form of intoxication. This, however, is the symptom of a deep-seated malady. Where there is no such malady, the greatest happiness comes with the most complete possession of one's faculties. It is in the moments when the mind is most active and the fewest things are forgotten that the most intense joys are experienced. This, indeed, is one of the best touchstones of happiness. The happiness that requires intoxication of no matter what sort is a spurious and unsatisfying kind. The happiness that is genuinely satisfying is accompanied by the fullest exercise of our faculties, and the fullest realisation of the world in which we live.

(掲載日:2005.08.22/更新日:2010.4.5)