(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』 GE8-0319(松下彰良・訳)

次へ  第1巻 第2章(青年期)累積版へ  総目次へ
「ギリシア語の練習帳」について
カント=ラプラスの星雲説について
・右イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.


 「ギリシア語の練習帳」n.2
(1888年3月19日:ラッセル15歳10ケ月)

 今日は,私が神を信ずる根拠を書くつもりである。まず最初に,私は神を信ずる,そうして,私の信条に何か名前を与えなければならないとしたら,私を'有神論者'と呼んでもよいだろう。さて,神(の存在)を信ずる理由を見つけ出すのに,私はただ科学的論拠(論証)のみを考慮する。この科学的論拠に立つということが,私があらゆる感情(=心情的意見)を保持したり,拒否したりするにあたって,特に自分に課した'誓い'である。次に,神(の存在)を信ずる科学的根拠を見いだすために,私は,万物の始めに立ち戻らなければならない。
 我々は,現在の(=現在働いている)自然法則が,これまでずっと働いてきたことを知っている。宇宙に現在存在する物質とエネルギーの量とまったく同じ量のものが,そのまま実在し続けてきたに違いない。しかし,'星雲説'は,全字宙が,星雲(の材料)とちがわない物質で満たされたのは,そう遠いむかしのことではないと言っている(松下注:ビッグバン理論がG.ガモフによって提唱されたのは,1946年のこと)。ここから,いま実在している物質と力が,創造の働きをもったであろうことは確かにありうることであり,そしてそれが,神的な力にほかならなかったであろうことは明瞭である。しかし,そのような物質や力が常に実在して来たことは許容するとしても,物質におよぼす力の作用を調節する法則はいったいどこから来たのであろうか。それは,そのような統制力を持つ'神的な存在'に帰するほかないと考える。したがって私はそれを,''と呼ぶのである。
(March 19th, 1888)

I mean today to put down my grounds for belief in God. I may say to begin with that I do believe in God and that I should call myself a theist if I had to give my creed a name. Now in finding reasons for believing in God I shall only take account of scientific arguments. This is a vow I have made which costs me much to keep, and to reject all sentiment. To find then scientific grounds for a belief in God we must go back to the beginning of all things.
We know that the present laws of nature have always been in force. The exact quantity of matter and energy now in the universe must always have been in existence, but the nebular hypothesis points to no distant date for the time when the whole universe was filled with undifferentiated nebulous matter. Hence it is quite possible that the matter and force now in existence may have had a creation, which clearly could be only by divine power. But even granting that they have always been in existence, yet whence came the laws which regulate the action of force on matter? I think they are only attributable to a divine controlling power, which I accordingly call God.