(本館)  (トップへ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell
(London; Allen & Unwin, 1967-1969. 3 vols. illus. port. 25 cm.)


総目次

第1巻 1872-1914 − 第4章 婚約(時代) 累積版

  1. 1889年の夏(ラッセル17歳),私がロロ叔父さんと一緒に,ハインドヘッドの傾斜地(斜面)にある彼の家に住んでいた時(参考:ロロ叔父さんの家),ある日曜日,叔父さんは私を長い散歩に連れ出した。・・・。(In the summer of 1889, when I was living with my Uncle Rollo at his house on the slopes of Hindhead, he took me one Sunday for a long walk.)
  2. だが,私が特に関心を持ったのは,(米国)ブリン・モア大学から(夏休みで)帰省していた娘のことであった。・・・。
  3. その夏はその家族(ピアーサル・スミス一家)の誰とも再び会うことはなかった。・・・。
  4. 私はシドニー・ウェッブ(Sidney Webb, 1859-1947)を結婚前から知っていた。・・・。
  5. シドニー・ウェッブは,生計を全面的に自分の稼ぎによっていたが,一方ベアトリス(ビアトリス)は,父から相当の財産を相続していた。・・・。
  6. ウェッブ夫妻がひどく嫌っていた人たちがいた。・・・。
  7. ウェッブ夫妻は二人とも基本的には非民主約であり,大衆(民衆)を言葉巧みに欺いたり,恐れさせることを,政治家の役目と考えていた。・・・。
  8. ウェッブ夫妻は,英国社会主義に知的バックボーンを与えるのに大きな役割をはたした。・・・。
  9. パアーサル・スミス家の人々のなかにいる時は,私は,こういったような事柄から免れていた。・・・。
  10. 年がたつにつれて私は,未婚の娘のアリスをますます熱愛するようになっていった。・・・。
  11. 私は,1893年5月に成人(松下注:21歳/20歳でないことに注意)に達した。・・・。
  12. 彼女(アリス)のケンブリッジ大学への2度目の訪問に,私は非常に興奮した。・・・。
  13. この頃私は,'鍵付きの'日記帳(a locked diary)をつけており,誰にも見つからないように,非常に注意深く隠していた・・・。
  14. 次の重要な出来事は,1894年1月4日に起こった。・・・。
  15. ケンブリッジにおける次の学期の間を通じて,彼女(アリス)の感情に交替があった。・・・。
  16. 私が(精神科学の)優等試験を終えた頃,アリスは,私と婚約することにはっきりと同意した。・・・。
  17. (1894年)7月20/21日(ラッセル22歳)深夜 この夜は,私がアリスについての夢を見た記念日であり,また彼女の誕生日でもある。・・・。
  18. その当時生じた恐怖は,溝在意識となって,ずっと私を苦しめ続けた。・・・。
  19. しかしながら私の家族は,(私とアリスの間をひき離そうとする)試みをやめなかった。・・・。

第5章