(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB33-150.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次  Contents (総目次)
第3巻第3章 トラファルガー広場

 1960年7月の終わり近くに,ラルフ・シェーンマン(Ralph Schoenman, 1935〜 )という名前の若いアメリカ人が初めて私を訪ねて来た。彼がCNDに関連した活動をしていることをある程度聞いていたので,彼と会うことにかなり興味を抱いていた。彼は −政治に関して,経験がなく,少し理論に走るきらいがあるにせよ− エネルギーに満ちあふれ,アイデアに富んでおり,知的な人間であるということがわかった。また,私が信奉する主義主張において,残念ながら多くの労働者に欠けているところのもの,即ち,'風刺’を解する能力や,'本質的に非常に重大な事柄の中にユーモアを見出す能力'を彼は備えており,私は彼のそういうところも好きであった。彼はすぐ共感し,また激し易い人間であることがわかった。私が徐々にのみ理解するようになったことであり,時が経つにつれてのみ明らかになったことであるが,彼は反対されることに我慢することが困難であり,驚くほど完璧で比類がないほどの自信をもっていた。私は,経験を活かすためには知性にも'訓練'というものが必要だ,と信じていた(?)。私は当初彼を十分に理解していなかったが,たまたまあることで彼に賛成し,続いて当時彼が活動していたことに賛成した。そうして,彼が私に対し,個人的に絶えず示してくれた'寛大さ'に対し深く感謝したし,今日なお感謝あるのみである。彼の精神は,非常に敏速かつ確固たる動きをみせた。彼の精力は無尽蔵であるかのごとく思われた。物事をなしうるために,彼に頼りたいという誘惑にかられた。私たちの最初の(何度かの)面会という特別な時において,CNDにおける我々の活動に'新しい生命'をふきこむにはなにができるかということに関して暗中模索をしている私に対して'触煤'の役割を彼は演じてくれた。彼は,自分たちの意見を直接政府に強いることができるほど強力な,政府の核政策に全面的に反対する,大衆運動にまで発展する可能性のある市民的不服従運動を,しきりに始めたがっていた。開始時はどんなに小規模であってそれは問題ではなく,やがては大衆運動になるべきものであった。市民的不服従運動は,大衆運動であるということにおいて,以前の直接行動委員会の大志と異なった新しいものであった。直接行動委員会においては,個人の良心の苦痛を鎮める方法としての個人的な信条の表明というものにあまりにもしばしば関心をよせていたのである。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

Towards the end of July, 1960, I received my first visit from a young American called Ralph Schoenman. I had heard of some of his activities in relation to CND so I was rather curious to see him. I found him bursting with energy and teeming with ideas, and intelligent, if inexperienced and a little doctrinaire, about politics. Also, I liked in him, what I found lamentably lackng in many workers in the causes which I espoused, a sense of irony and the capability of seeing the humour in what was essentially very serious business. I saw that he was quickly sympathetic, and that he was impetuous. What I came only gradually to appreciate, what could only emerge with the passage of time, was his difficulty in putting up with opposition, and his astonishingly complete, untouchable self-confidence. I believed that intelligence working on experience would enforce the needed discipline. I did not at first fully understand him but I happened to be approved of him and, in turn, to approve of what he was then working for. And for his continued generosity towards me personally I was, and can still only be, deeply grateful. His mind moved very quickly and firmly and his energy appeared to be inexhaustible. It was a temptation to turn to him to get things done. At the particular time of our first meetings he acted as a catalyst for my gropings as to what could be done to give our work in the CND new life. He was very keen to start a movement of civil disobedience that might grow into a mass movement of general opposition to governmental nuclear policies so strong as to force its opinions upon the Government directly. It was to be a mass movemement, no matter from how small beginnings. In this it was new, differing from the old Direct Action Committee's aspirations in that theirs were too often concerned with individual testimony by way of salving individual consciences.

(掲載日:2010.1.7/更新日:2012.6.5)