(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB32-050.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次  Contents (総目次)

第3巻第2章 国の内外で

 1952年の春、私たちはギリシアを訪ずれ、アテネにしばらく滞在し、その後10日間ほどペロポネソス半島をドライブした。誰もがそうするように、私たちはただちに(パルテノン神殿のある)'アクロポリス'に向かった(右欄写真出典:Google Satelite, c2009)。私たちは、勘違いして、また近道をしようして、裏手からアクロポリスに近づいた。(その結果)私たちは、アクロポリスに到着するために、山羊の通る小道を、また有刺鉄線を通って、切り立った崖をよじ登らなければならなかった。たどりついた時はかき傷を負い、息もできないほどであったが、勝利感を味わった。私たちは、もっとオーソドックスなルートを通って、アクロポリスに何度も戻った。アクロポリスは月光に照らされてとても美しかった。また非常に静かだった。(しかし)突然、すぐそばから、一音節ごとにおかしなアクセントで、「ラッス、セルさん、ですね」という声が聞こえてきた。その声の主は、アメリカから来て観光をしている私たち同様の旅行者であった。
 (ギリシヤの)山々はまだ雪をかぶっていたが、渓谷(川の流域)は花の咲いている果樹でいっぱいだった。子供たちは野原をはねまわっており、人々は幸せそうに見えた。ロバさえ満足そうに見えた。唯一暗い気分の場所といえば、タイゲトス山真下にある、陰気で雲がたれこめているスパルタであった。タイゲトス山からは悪霊が発散していた。私はアルカディアに着いてほっとして、感謝した。そこはまるでシドニー(注:Sir Philip Sidney, 1554-1586:詩人で Countess of Pembroke Arcadia の著者)の想像力から生まれたアルカディアのごとく、理想郷'のようであり、美しかった。ティリンス(ミケーネ文明の遺跡)では、古代の城砦の管理人が、そこがとてもまずく修復されたと嘆いていた。このような嘆かわしい修復がいったいいつ頃行なわれたのかと(誰かが)尋ねると、彼は、「ミケーネ文明の時代です」と答えた。デルポイ(注:アポロンの神託で有名なギリシアの古代都市。「デルファイ」とも呼称する。)にはまったく感動を受けなかったが、エピダウロス(古代の大劇場跡で有名/YouTube 動画は平穏で美しかった。不思議なことに、そこの'平和的雰囲気'は、私たちが着いて間もなく到着した満員のバスに乗っていたドイツ人たちによっても壊されなかった。私たちが(古代の)劇場跡に夢うつつの状態で坐っていると、突然、美しく透んだ声が高く響き、私たちを包んだ。ドイツ人一行のなかの一人がオペラのプリマドンナであり、私たち同様、彼女はその土地の魔力に魅せられ思わず歌い出したのだった。だいたいにおいて私たちと同じ観光旅行の人たちは、私たちにとって迷惑にはならなかった。しかし、米軍は迷惑だった。米軍のトラックがいたるところに走っており、特にアテネがひどかった。そして町は、米兵たちの粗暴で自信過剰な叫び声や高飛車な要求で騒々しかった。(注:1949年まで続いたギリシアの内戦は、共産主義の敗北で終結。また、ギリシアは1952年にNATOに加盟した。)反対に、私たちが会ったり、あるいは通りすがりに観察したギリシア人たちは、穏やかで、陽気で、知的であった。私たちは、アテネの公園で自分の子供たちと遊んでいるギリシア人の幸せそうな様子に深く印象づけられた。
 私は、それ以前、一度もギリシアに行ったことがなかった。そして、ギリシアで私が見たものは極めて興味深いものであることがわかった。けれども、ある一点で、私はとても驚かされた。誰しもが讃美するギリシアのあの偉大かつ内容の充実した業績に強い印象を受けた後、ギリシアがビザンチン帝国(東ローマ帝国)の一部であった時代に属するある小さな教会にいつのまにか私は入っているのに気づいた。驚いたことに、パルテノン神殿とか、あるいは異教徒に支配されていた時代のギリシアのどの建物の中にいる時感じたよりも、この小さな教会の方がよりくつろいだ気分になれた。その時私は、キリスト教の物の見方が、自分が以前想像していたよりももっと強い(強固な)影響力を自分に及ぼしているということを実感した。影響したといってもそれは、信仰上ではなく、私の感情に対してであった。ギリシア人が現代世界(の人々)と異なっているのは、主として罪の観念(a sense of sin)の欠如であるように思われた。また私は、自分自身、信念の上ではないが、感情の上で、この罪の観念によって強く影響されていることを驚きを持って実感した。けれども私は、幾つかの古代ギリシアの事物にも深く感動させられた。とりわけオリンピア(注:ギリシアのペロポネサス半島西部の平原−昔オリンピック・ゲームの行なわれたところ)の美しく慈悲心に富んだ'ヘルメス'(注:ギリシア神話に登場する青年神で、神々の伝達役を務める。)に、最も印象づけられた。

v.3,chap.2: At home and abroad

の画像
拡大する!(enlarge)
In the spring of fifty-two we visited Greece where we spent some time in Athens and then ten days or so driving through the Peloponesus. As everyone does, we at once set off for the Acropolis. By mistake and thinking to take a short cut, we approached it from the back. We had to scramble up a cliff by goat paths and through barbed wire to get there. We arrived scratched and breathless, but triumphant. We returned again often by more orthodox routes . It was very beautiful by moon-light. And very quiet; till suddenly, at my elbow, I heard a voice say: 'Mis-ter Russ-ell, is it not ?', with the accent portentous upon each syllable. It was a fellow tourist from America.
The mountains were still snow-capped, but the valleys were full of blossoming fruit trees. Kids gambolled in the fields, and the people seemed happy. Even the donkeys looked contented. The only dark spot was Sparta which was sullen and brooding beneath Taygetus from which emanated a spirit of frightening evil. I was thankful to reach Arcadia. It was as Arcadian and lovely as if born of Sidney's imagination. At Tiryns, the guardian of the ancient citadel bemoaned the fact that it had been very badly restored. Upon being asked when this distressing renovation had taken place, he replied, 'During the Mycenaean times'. Delphi left me quite unmoved, but Epidaurus was gentle and lovely. Oddly enough its peace was not broken by a busload of Germans who arrived there shortly after us. Suddenly, as we were sitting up in the theatre dreaming, a beautiful clear voice soared up and over us. One of the Germans was an operatic Diva and, as we were, was enchanted by the magic of the place. On the whole, our fellow tourists did not trouble us. But the United States army did. Their lorries were everywhere, especially in Athens, and the towns were noisy with the boisterous, cock-sure, shoutings and demands of their men. On the other hand, the Greeks whom we met or observed in passing, seemed gentle and gay and intelligent. We were impressed by the happy way in which they played with their children in the Gardens at Athens.
I had never before been in Greece and I found what I saw exceedingly interesting. In one respect, however, I was surprised. After being impressed by the great solid achievements which everybody admires, I found myself in a little church belonging to the days when Greece was part of the Byzantine Empire. To my astonishment, I felt more at home in this little church than I did in the Parthenon or in any of the other Greek buildings of Pagan times. I realised then that the Christian outlook had a firmer hold upon me than I had imagined. The hold was not upon my beliefs, but upon my feelings. It seemed to me that where the Greeks differed from the modern world it was chiefly through the absence of a sense of sin, and I realised with some astonishment that I, myself, am powerfully affected by this sense in my feelings though not in my beliefs. Some ancient Greek things, however, did touch me deeply. Among these, I was most impressed by the beautiful and compassionate Hermes at Olympia.
(掲載日:2009.09.08/更新日:2012.3.4)