(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB30-020.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)

第3巻第1章 英国への帰国

 (ケンブリッジ大学の)トリニティ・コレッジは,私に対し5年任期の講師職へ就任するよう要請してきた(招聘した)。それで,私は,その要請を引き受けた。その講師職には大学評議員の資格と学内での居住権がついていた。私はケンブリッジに行った。(自分が使う)部屋(研究室兼居室)はまったく気持ちよいものであった。部屋はローン・ボーリング場YouTube画像)に面しており,そこには花が咲き乱れていた。ケンブリッジの美しさが(以前と同じで)色あせていないのを発見してほっとした。また,(トリニティ・コレッジの)グレイト・コート(中庭)の平穏さが,とても信じられないくらい心を落ち着かせてくれることに気付いた。しかし,ピーターとコンラッドをどこに住まわせるかという問題が残っていた。(右欄上写真出典:R. Monk's Bertrand Russell, The Ghost of Madness, 1921-1970)ケンブリッジは,信じがたいほど住宅難であり,当初は下宿屋の汚らしい部屋を見つけるのがせいぜいだった。私はコレッジ内でぜいたくに暮らしているのに,ピーターとコンラッドは,食事も十分与えられず,みじめな状態だった。私は,バーンズに対する訴訟から金が入ってくるめどがたつやいなや,ケンブリッジに一軒の家を購入し,私たちは,しばらくの間そこで暮らした。
 対日戦勝記念日(VJデー:1945年8月15日)とその直後の総選挙は,私たちがその家で暮らしている間にあった。『人間の知識−その範囲と限界(Human Knowledge, its Scope and Limits, 1948)の大部分を書き上げたのもまたその家だった。私は,ケンブリッジで幸わせになれたはずだったが,ケンブリッジのご夫人がたが,私たちを尊敬に価する人物とは考えてくれなかった。(そこで)私は,美しい絶景を望める北ウェールズのフェスティニオグ(Ffestiniog)に小さな家を一軒購入した。その後私たちは,ロンドンにもフラットを借りた。私は,欧州大陸への講演旅行に多大の時間を費やしたが,この頃の数年間は,重要な仕事はしなかった。1949年に,妻のピーターが,もはや私を必要としないと決心をした時,私たちの結婚生活は終わりをつげた。

v.3,chap.1: Return to England

の画像
拡大する!(enlarge)
Trinity College had invited me to a five year lectureship and I had accepted the invitation. It carried with it a fellowship and a right to rooms in College. I went to Cambridge and found that the rooms were altogether delightful; they looked out on the bowling green, which was a mass of flowers. It was a relief to find that the beauty of Cambridge was undimmed, and I found the peacefulness of the Great Court almost unbelievably soothing. But the problem of housing Peter and Conrad remained. Cambridge was incredibly full, and at first the best that I could achieve was squalid rooms in a lodging house. There they were underfed and miserable, while I was living luxuriously in College. As soon as it became clear that I was going to get money out of my lawsuit against Barnes, I bought a house at Cambridge, where we lived for some time.
VJ-day and the General Election which immediate]y followed it occourred while we were living in this house. It was also there that I wrote most of my book on Human Knowledge, its Scope and Limits. I could have been happy in Cambridge, but the Cambridge ladies did not consider us respectable. I bought a small house at Ffestiniog in North Wales with a most lovely view. Then we took a flat in London. Though I spent much time in visits to the Continent for purposes of lecturing, I did no work of importance during these years. When, in 1949, my wife decided that she wanted no more of me, our marriage came to an end.



(掲載日:2009.05.19/更新日:2011.12.1)