(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan



『ラッセル自伝』AB24-130(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.5 (Later Years of Telegraph House) 目次  Contents (総目次)

第2巻第5章 テレグラフ・ハウス時代末期

 私がドーラのもとを去ってからも,彼女は第二次世界大戦の勃発後まで学校経営を続けたが,1934年以後は学校はもはやテレグラフ・ハウスにはなかった。ジョンとケイトは,英国大法官庁の被後見人となり,ダーティントン・スクール(注:寄宿制)にいれられたが,彼らはそこで大変幸福だった。(注:Dartington は A. クリスティが住んでいたことで有名な Totnes トトネスのすぐ近くにある町/Dartington Hall School は1926年に開校したが,生徒数の減少により1987年に閉校)
 私は,一夏,アンダイエ(注:Hendaye スペイン国境近くの,フランス南西部にある海辺の観光地)で過ごした。また,別の夏のある期間,マラガ(注:Malaga 地中海に面したスペインのリゾート地で,ピカソの出身地としても有名)の近くのジェラルド・ブレナン(Gerard Brenan,1894-1987/右欄上写真参照)夫妻の家を借りた。それ以前,ブレナン夫妻のどちらも知り合いではなかったが,彼らは興味ある人物であり,愉快な人たちであるということがわかった。驚いたことには,(妻の)ガメル・ブレナン(Gamel Brenan/ Gamel Woolsey, 1899-1968)は非常に博識(博学)であり,また興味・関心のひろい人だということがわかった。彼女はあらゆる種類の珍しい知識をいっぱい持っていた。一度聞いたら忘れがたく,学者らしい(?)リズム感(韻律)をもった詩人であった。私たちは,ずっと交友関係を続けた。そして彼女は,時折私たち夫婦(注:1932年に別居する前のこと?)を訪ねてきてくれた。彼女は愛すべき中年の女性だった。

 1932年の夏は,カーン・ヴォエル(Carn Voel/右下写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His Wolrd, c1981)で過ごした。その家は後にドーラに譲った。そこにいる間に『教育と社会体制(秩序)』(Education and the Social Order, 1934)を執筆した。その後は,学校経営の財政的負担もなくなったので,金目当ての論説を書くのをやめた親としては失敗したが,重要な価値のある本を書きたいという野心が復活した。
 1931年のアメリカ講演旅行中,出版社の W. W. ノートンと,『自由と組織−1814〜1914』という書名で1934年に出版された本を書く契約をした。この本は,パトリシア・スペンス(注:右欄上写真参照) −彼女は一般にはピーター・スペンスとして知られていた− の協力のもと,初めは'皇帝の門'(Emperor's Gate)(ジョンとケイトは,そこはそういう名前をつけただけで,皇帝も門も関係がないことがわかり,失望した。)でフラットを借りて仕事をしていたが,後には北ウェールズのダイドレス・キャッスルDeudraeth Castle−そこは当時ポートメイリオン・ホテル(Portmeirion Hotel)の別館であった− で執筆作業を行った。この仕事はとても楽しかった。そしてポートメイリオンでの生活が楽しいものだということがわかった。このホテルの持ち主は,友人の建築家,クラフ・ウィリアムズ=エリス(Clough Williams-Ellis)で,彼女の妻のアマベルは作家だった。彼らとの交際は大変楽しかった。

v.2,chap.5: Later Years of Telegraph House

When I left Dora, she continued the school until after the beginning of the Second War, though after 1934 it was no longer at Telegraph House. John and Kate were made wards in Chancery and were sent to Dartington school where they were very happy.
の画像
enlarge(拡大する!)

source: R. Clark:The Life of B. Russell,1975
I spent a summer at Hendaye and for part of another summer took the Gerald Brenans' house near Malaga. I had not known either of the Brenans before this and I found them interesting and delightful. Gamel Brenan surprised me by turning out to be a scholar of great erudition and wide interests, full of all sorts of scraps of out-of-the-way knowledge and a poet of haunting and learned rhythms. We have kept up our friendship and she visits us sometimes - a lovely autumnal person.
I spent the summer of 1932 at Carn Voel, which I later gave to Dora. While there, I wrote Education and the Social Order. After this, having no longer the financial burden of the school, I gave up writing potboilers. And having failed as a parent, I found that my ambition to write books that might be important revived.
During my lecture tour in America in 1931, I had contracted with W. W. Norton, the publisher, to write the book which was published in 1934 under the title Freedom and Organization, 1814-1914. I worked at this book in collaboration with Patricia Spence, commonly known as Peter Spence, first at a flat in Emperor's Gate (where John and Kate were disappointed to find neither an Emperor nor a gate) , and then at Deudraeth Castle in North Wales, which was at that time an annex of Portmeirion Hotel. I very much enjoyed this work, and I found the life at Portmeirion pleasant. The hotel was owned by my friends Clough Williams-Ellis, the architect, and his wife, Amabel, the writer, whose company was delightful.
バートランド・ラッセルが住んだ Carn Voel の画像

(掲載日:2009.04.17/更新日:2011.10.24)