(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB24-070(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.4 (Second Marriage) 目次  Contents (総目次)
(第2巻第4章 再婚)(承前)

 多くの思い出があるこの家で,私たちは学校(注:Beacon Hill School)を設立した。学校の経営にあたって,私たちは多くの困難を経験したが,それは当初において予想しておかなければいけない事柄であった。
 第一の困難は,財政上の問題であった。(他の仕事ができないことによる)'金銭上の損失'(pecuniary loss)が避けられないことは明らかであった。学校の規模を大きくし,食事(給食)の質を落とすことによってのみ,赤字を防ぐことができたであろうし(右写真出典:R. Clark's The Life of Bertrand Russell, 1975)。また,因襲的な親に迎合するように学校の性格を変えるのでなければ学校を大きくすることはできなかっであろう。(注:したがって,そのようなことはしなかった。)幸いにも,この頃,私は著書やアメリカ講演旅行からかなりの収入を得ていた。私は,そのような講演旅行を,1924年(これについては前述,1927年,1929年,それから1931年に(全部で4回)行なった。1927年の講演旅行は,学校の第1学期中であったため,学校開設当初,私は何の役割も果たせなかった。第2学期中は,ドーラがアメリカヘの講演旅行に出かけた。このように,開校当初の1,2学期は,私たち二人のうち一人しか学校の世話に当たることができなかった。私は,アメリカに行っていない時には,必要な資金をつくるために本を書かなければならなかった。その結果,私は自分の時間をフルに学校のために費やすことができなかった。
 第2の困難は,教職員の何人かは,−−教職員にはくりかえし,こまごまと,私たちの教育方針を説明してあったが−−,私たち二人のうちのどちらかが学校にいないと,その教育方針どおり実行してくれなかったことである。
 第3の困難は,−−多分これが最も深刻な問題であっただろうが−−,問題児をかなり多く入学させすぐたことであった。私たちはこの落とし穴に注意を払うべきであったが,当初は,どんな子供をも喜んで引き受けた。新しい教育方法を試すことに最も熱心だった親は,自分の子供に手を焼いている人たちであった。概して,これらの困難は親のせいであった。そうして,親たちの愚かさの悪影響は,休暇ごとにくり返された。原因が何であれ,とにかくそうした子供の多くは,残酷で,乱暴だった。子供たちを自由に放置することは,恐怖支配を確立することであり,強い者が弱い者をつねに震い上がらせ,悲惨にした。学校は,(現実の)世界と同じである。即ち,統治だけが野蛮な暴力行為を防ぐことができる。そうして,子供たちが授業のないときには,彼らの野蛮行為を止めさせるために,たえず監督せざるを得ない自分を発見した。私たちは児童を年長,年中,年少の三つのグループに分けた。年中クラスの一人が年少クラスの子供たちを絶えずいじめていたので,私はどうしてそんなことをするのかとその子にたずねてみた。答えはこうであった。「年長が僕をぶつ。だから(年中の)僕が年少をぶつ。当たり前でしょう!」 彼は本気にそう考えていたのである。

v.2,chap.4: Second Marriage


Beacon Hill School でのドーラ
enlarge(拡大!)
In this house of many memories we established the school. In managing the school we experienced a number of difficulties which we ought to have foreseen. There was, first, the problem of finance. It became obvious that there must be an enormous pecuniary loss. We could only have prevented this by making the school large and the food inadequate, and we could not make the school large except by altering its character so as to appeal to conventional parents. Fortunately I was at this time making a great deal of money from books and from lecture tours in America. I made four such tours altogether during 1924 (already mentioned), 1927, 1929, and 1931. The one in 1927 was during the first term of the school, so that I had no part in its beginnings. During the second term, Dora went on a lecture tour in America. Thus throughout the first two terms there was never more than one of us in charge. When I was not in America, I had to write books to make the necessary money. Consequently, I was never able to give my whole time to the school.
A second difficulty was that some of the staff, however often and however meticulously our principles were explained to them, could never be brought to act in accordance with them unless one of us was present.
A third trouble, and that perhaps the most serious, was that we got an undue proportion of problem children. We ought to have been on the look-out for this pitfall, but at first we were glad to take almost any child. The parents who were most inclined to try new methods were those who had difficulties with their children. As a rule, these difficulties were the fault of the parents, and the ill effects of their unwisdom were renewed in each holiday. Whatever may have been the cause, many of the children were cruel and destructive. To let the children go free was to establish a reign of terror, in which the strong kept the weak trembling and miserable. A school is like the world: only government can prevent brutal violence. And so I found myself, when the children were not at lessons, obliged to supervise them continually to stop cruelty. We divided them into three groups, bigs, middles, and smalls. One of the middles was perpetually ill-treating the smalls, so I asked him why he did it. His answer was: 'The bigs hit me, so I hit the smalls; that's fair.'  And he really thought it was.


(掲載日:2009.04.07 /更新日:2011.10.12)