(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』15-15(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第5章(初婚)累積版  総目次
* 右欄イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.

 ブリン・マー・カレッジ(注:Bryn Mawr 発音)にいる間に,私は,非ユークリッド幾何学について講義を行い,アリスは,母子手当(endowment of motherhood)を支持する演説をするとともに,自由恋愛(参考:アリスの恋愛観を擁護する話を女性たちに私的に行った。これはスキャンダルを引き起こし,私たちは,事実上,大学から追い出された(松下注:日高氏は,'free love' を「恋愛の自由」と訳されているが,「恋愛の自由」と「自由恋愛」とはだいぶ異なると思われる
 私たちは,ブリン・マーからボルチモア(ボルティモア)に行き,ジョンズ・ホプキンス大学Johns Hopkins University:米国メリーランド州ボルチモアにあり,医学方面の研究で有名/5000円紙幣でおなじみの新渡戸稲造もこの大学で学んでいる。)で同じ主題(非ユークリッド幾何学)について講義を行った。ボルチモアでは,私たちは,アリスの叔父であり,カレイ・トマス(ブリン・マー・カレッジ学長)の父親であるトマス博士の家に滞在した。
 トマス家の人々は好奇心がそそられる人たちであった。(トマス博士には)ジョンズ・ホプキンス大学に在籍している息子がおり,脳外科手術に非常にたけていた。また,ブリン・マー・カレッジにヘレン(Helen Thomas)と言う名前の娘(Helen Thomas の写真出典:R. Monk's B. Russell; the spirit of solititude, 1997)が在籍していたが,彼女は不幸にして耳が聞こえなかった。彼女は優しく,親切であり,非常に美しい赤い髪をしていた。私は長い間彼女がとても好きであったが,1900年にその気持ちは頂点に達した。一度か二度,キスしてくれるように彼女に頼んだが,断わられた。結局は彼女は,ロックフェラー予防医薬研究所長のサイモン・フレクスナー(Simon Flexner, 1863-1946/フレクスナーと野口英世。野口英世は,研究所でフレクスナーの助手を務めた。二人の写真)と結婚した。私は,彼女の晩年には会うことはほとんどなかったが,ずっととても良い友だちであり続けた。その他にもう一人,娘がいたが,彼女は,信心深く,ごく正統派のクェーカー教徒であり続けた。彼女はいつもクェーカー教徒でない者は,'世俗的な人間'であると言っていた。トマス家の人々は皆,会話の時いつも'thee(汝)'という語を使っていたので,アリスと私も,お互いに話しかける時,(同様に)'汝'という言葉を使った。クェーカー教徒の信条のなかのいくつかは,それに慣れていない者にとっては少し奇妙に思われるものであった。私は,義母(アリスの母)が,主の祈りを'浮ついている'と考えるよう教えられた,と説明していたのを記憶している。当初,この言葉には少し当惑させられたが,彼女の説明によれば−−祈りは,'聖霊' color="#800000"(Holy Sprit = Holy Ghost:三位一体の第3位;キリストを通して人間に働きかける神)によって鼓舞されなければならないので−− クェーカー教徒ではなく,クェーカー教徒以外の者がするあらゆる事が'浮ついて'おり,そしてその中にはあらゆる固定化(定着)した信仰形式が含まれている,ということであった。'主の祈り'は,固定化した信仰形式であるので,'浮ついている'ということであった。また別の機会に,彼女は,(モーゼの)'十戒'を尊ばないよう育てられたと,晩餐の席で語った。'十戒'もまた'浮ついている'のである。'十戒'を尊ばないほど'聖霊による導きの教義'を真面目に考えるクェーカー教徒が今でもいるのかどうか,私は知らない。確かに,最近は一人もそういう人には会っていない。もちろん,こうした態度をかつてとっていた有徳な人々が,実際に,'十戒'のいずれかの条項を犯したと想像してはならない。'聖霊'は,こうしたことが起こらないよう見守ってきた。クェーカー教徒の集団以外において,('十戒'すらも尊ばないような教義に)似たような教義は,より疑問の多い結果をもたらす。私は,義母(アリスの母)が,彼女が知っているさまざまの人々の集団について書いた記述(説明)を思い出す。その中に,'神の導き'というタイトルをつけた一章があったが,それを読んだ者は,(そこに書かれていることから判断すると)それ('神の導き' divine guidance)は'姦通'(fornication)と同義語である,ということを発見した(皮肉?)。

While at Bryn Mawr, I gave lectures on non-Euclidean geometry, and Alys gave addresses in favour of endowment of motherhood, combined with private talks to women in favour of free love. This caused a scandal, and we were practically hounded out of the college.
の画像
拡大する!(enlarge)
From there we went to Baltimore, where I lectured on the same subject at the Johns Hopkins University. There we stayed with her uncle, Dr Thomas, the father of Carey. The Thomases were a curious family. There was a son at Johns Hopkins who was very brilliant in brain surgery; there was a daughter, Helen, at Bryn Mawr, who had the, misfortune to be deaf. She was gentle and kind, and had very lovely red hair. I was very fond of her for a number of years, culminating in 1900. Once or twice I asked her to kiss me, but she refused. Ultimately she married Simon Flexner, the Head of the Rockefeller Institute of Preventive Medicine. I remained very good friends with her, although in the last years of her life I saw her seldom. There was another daughter who had remained a pious and very orthodox Quaker. She always alluded to those who were not Quakers as 'the world's people'. They all of them used 'thee' in conversation, and so did Alys and I when we talked to each other. Some of the Quaker doctrines seemed a little curious to those not accustomed to them. I remember my mother-in-law explaining that she was taught to consider the Lord's Prayer 'gay'. At first this remark caused bewilderment, but she explained that everything done by non-Quakers but not by Quakers was called 'gay', and this included the use of all fixed formulas, since prayer ought to be inspired by the Holy Spirit. The Lord's Prayer, being a fixed formula, was therefore 'gay'. On another occasion she informed the dinner-table that she had been brought up to have no respect for the Ten Commandments. They also were 'gay'. I do not know whether any Quakers remain who take the doctrine of the guidance of the Spirit so seriously as to have no respect for the Ten Commandments. Certainly I have not met any in recent years. It must not, of course, be supposed that the virtuous people who had this attitude ever, in fact, infringed any of the Commandments; the Holy Spirit saw to it that this should not occur. Outside the ranks of the Quakers, similar doctrines sometimes have more questionable consequences. I remember an account written by my mother-in-law of various cranks that she had known, in which there was one chapter entitled 'Divine Guidance'. On reading the chapter one discovered that this was a synonym for fornication.
(掲載日:2005.10.12 更新日:2011.4.9)