(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』15-06(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第5章(初婚)累積版  総目次

 1895年の秋(注:ラッセル23歳),フェロー(特別研究員)に選ばれた後,私たちは,ドイツ社会民主主義について研究するため,ベルリンに戻った。この訪問で私たちは,ほぼ社会主義者だけに限定して交際した。私たちは,べーベル(August Bebel, 1840〜1913/第2インターナショナルを代表するドイツ社会民主党の指導者)及び兄の方のリープクネヒトと知り合うようになった。弟の方のリープクネヒト(Karl Liebknecht, 1871-1919/ドイツ共産党の創始者の一人で,1919年に暗殺された。)は第一次世界大戦終戦直後に殺されたが,当時は少年であった。私は,彼の父(Wilhelm Liebkecht, 1826-1900/ベーベルとともに,社会民主党を創設)の家で一緒に食事をした時に,彼に会ったに違いないが,彼については何も記憶がない。当時,社会民主党員たちは熱烈な革命家であったが,私(23歳)はまだ若すぎたので,彼らが権力を握った後,どのようなものになるか,はっきり理解することができなかった。1896年の初め,私は,当時アデルヒーのジョン・アダム・ストリートにあった London School of Economics(LSE(注:現在の The London School of Economics and Political Science, University of London(ロンドン大学の経済学大学院))で,ドイツ社会民主主義に関する連続講義^を行った。私は,確か,同校(LSE)の最初の講師だったはずである。LSEで私は,W.A.S.ヘウィンズ(William Albert Samuel Hewins,1865-1931)を知るようになったが,彼はその時から1901年までの間,かなり大きな影響を私にあたえた。彼はカトリック教徒の家庭の出であったが,カトリック教会の代わりに大英帝国を崇拝の対象にしていた。(松下注:日高訳では,「英帝国の代わりにカトリック教会を崇敬の対象にした」と訳されているが,ここの 'and' は,'but' の意味である。日高訳では,まったく反対の意味になってしまう。)
 私は,後年よりも,当時の方がはるかに神経質であった。私が LSE で講義をつづけている間,私と妻は,アシュレイ・ガーデンズ90番のフラット(松下注:右下地図の赤丸印のあたりか?/ラッセルが住んだフラットがどのようなものかわからないが,かなり広かったのではないかと想像される。参考に,現在売りに出されている Ashley Gardens 23番 のフラットの間取り図の例をご紹介しておく。)に住んでいたが,エレベーター(リフト)の音がやかましくて仕事ができなかったので,毎日,グロヴナー通り(Grosvenor Road)にある妻の両親の家へ出かけ,そこでゲオルグ・カントール(Georg F. L. P. Cantor, 1845-1918/近代集合論の創設者(の著書)を読み,その要旨をノートに書き写したりして,時を過ごした。その当時私は,彼の論証はすべて誤っていると誤解していたが,それにもかかわらず私は,彼の論証を細部にわたって読み通し検討した。後に,間違っているのは全て私の方だったということに気付くのにこの作業は大いに役立った。
In
の画像
拡大する!(enlarge)
the autumn of 1895, after the Fellowship election, we went back to Berlin to study German Social Democracy. On this visit, we associated almost exclusively with socialists. We got to know Bebel and the elder Liebknecht. The younger Liebknecht, who was killed just after the first war, was at this time a boy. We must have met him when we dined at his father's house, although I have no recollection of him. In those days Social Democrats were fiery revolutionaries, and I was too young to realise what they would be like when they acquired power. At the beginning of 1896 I gave a course of lectures on them at the London School of Economics, which was at that time in John Adam Street, Adelphi. I was, I believe, their first lecturer. There I got to know W. A. S. Hewins, who considerably influenced me from that time until 1901. He came of a Catholic family, and had substituted the British Empire for the Church as an object of veneration.
の画像
拡大する!(enlarge)
I was, in those days, much more high-strung than I became later on. While I was lecturing at the School of Economics, my wife and I lived in a flat at 90 Ashley Gardens, but I could not work there because the noise of the lift disturbed me, so I used to walk every day to her parents' house in Grosvenor Road, where I spent the time reading Georg Cantor, and copying out the gist of him into a notebook. At that time I falsely supposed all his arguments to be fallacious, but I nevertheless went through them all in the minutest detail. This stood me in good stead when later on I discovered that all the fallacies were mine.
(掲載日:2005.09.12/更新日:2011.3.29)