(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』15-03(松下彰良・訳)
次ページ 前ページ  第1巻 第5章(初婚)累積版  総目次
* 右イラスト出典:R. Clark's B. Russell and His World, 1981.

 この時期に私の知的野望が形成されつつあった。私は,職業をもたないで,著述に専念しようと決心した。(松下注:ラッセルは,亡き父から2万ポンド=約4,5億円の遺産を得ていたので,このような決心ができたのだろうと思われる。)私は,初春のある寒い晴天の日に,一人で(ベルリンの)ティーアガルテン(訳注:the Tiergarten は,ベルリンにある210ヘクタールもの大公園のこと)の中を散歩している時に,将来の仕事の構想をたてたことを記憶している。私は,純粋数学から生理学までの,諸科学の原理に関する一連の著作と,さらに社会問題に関する別系統の一連の著作を執筆しようと考えた。私は,これら2つの著作は,最終的には,科学的であると同時に実際的なものに'統合'化できるだろうと思った。私の計画は,へーゲルの考え方から大きな示唆をうけていた。(ヘーゲルはしばらくして捨てたが)それでもやはり,後年,−−とにかく見込みのあるかぎりは−−ある程度までその計画に従った。私の(研究上の)目的とするところに関しては,その時は,重要な時期であり,形成期であった。



During this time my intellectual ambitions were taking shape. I resolved not to adopt a profession, but to devote myself to writing. I remember a cold, bright day in early spring when I walked by myself in the Tiergarten, and made projects of future work. I thought that I would write one series of books on the philosophy of the sciences from pure mathematics to physiology, and another series of books on social questions. I hoped that the two series might ultimately meet in a synthesis at once scientific and practical. My scheme was largely inspired by Hegelian ideas. Nevertheless, I have to some extent followed it in later years, as much at any rate as could have been expected. The moment was an important and formative one as regards my purposes.
(掲載日:2005.09.02/更新日:)