(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』14-12(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第4章(婚約期間)累積版  総目次

 彼女(アリス)のケンブリッジ大学への2度目の訪問に,私は非常に興奮した。そうして彼女と定期的に手紙のやり取りを始めた。祖母とアガサ叔母さんがロロ叔父さんの再婚した妻と仲が良くなかったので,私は,もはやハスルミア(Haslemereで夏季を過ごしていなかった。しかし(1893年)月13日,2日間の日程でフライディズ・ヒル(Fernhurst近くにあり)に行った。天候は暖かく,絶好の日よりであった。無風状態で,早朝には谷間に霧が立ちこめた。ローガン(=アリスの兄)(シェリーの)「金色に輝く霧(golden mists)」について(金色に輝く霧が立ちこめていないと?)シェリーをからかったので,今度は私が,「まさにその朝,金色の霧がかかっていた。しかしそれはあなた(ローガン)が目を覚ます前であった。」と言って,ローガンをからかったことを記憶している。(松下注:ラッセルが一番好きな詩人はシェリーであり,ラッセルは晩年,シェリーが住んでいたすぐ近くの(北ウェールズの)山荘で,エディスとともに暮らした。)(ローガンは眠っていたが)私の方は,朝食の前に散歩に行くことをアリスと約束していた(←打ち合わせていた)ので,朝早く起きていた。私たちは丘の上のブナの森のなかで腰を下ろした。そこは,初期のゴシック様式の大聖堂に見えるような非常に美しい場所であり,木々の幹(の間)を通して,四方の,遠方の景色を垣間見ることができた。その朝は空気が新鮮で(木々が)露で濡れていた。そうして,人生において,たぶん幸福は可能だろうと考え始めていた。けれども,内気なため,森の中に坐っている間中,慎しみ深い行動を乗り越えることができなかった。私が,その当時の慣習に従って,はっきりと求婚するにいたったのは,際限のない躊躇と心配のあげく,ようやく朝食の後のことであった。プロポーズは,承諾もされなかったし,拒絶もされなかった。私は,彼女にキスをしようとも,また手を握ろうとさえしなかった。お互い,継続して会い続け,文通を引き続き行うことで合意し,結婚するかどうかは,時(間)に解決させることにした。
 すべてこうしたことは屋外での出来事であったが,私たちがついに昼食のため戻って来た時,彼女は, −−禁酒に関する説教の支援をしてもらうため,彼女をシカゴ万国博覧会(松下注:1893年開催,右上写真参照/万国博覧会の歴史に招待するという −−レディ・ヘンリー・サマセット(Lady Henry Somerset,1851-1921/右下写真参照)からの手紙を見つけた。禁酒の美徳は,当時のアメリカでは,十分普及していないと考えられていた。アリスは,母親から熱烈な'絶対禁酒'の信念を受け継いでおり,この招待に非常に大得意だった。彼女は勝ち誇ったようにその手紙を読み上げ,熱狂的にその招待を承諾した。そのことで私は,かなり肩身の狭い思いをした。というのは,それは数ケ月間の彼女の不在と彼女の興味あるキャリアの開始であろうことを意味したからである。
 自宅(Pembroke Lodge)に戻ってから,私は,一部始終を家族に話した。すると彼らは,型にはまった因襲に従い,反応した。彼らは言った。アリスはレデイ(淑女)ではない,幼児誘拐魔だ,下層階級のやま師だ,私の未熟につけいろうとしている女だ,いかなる上品な感情も持っていない人間だ,作法知らずのために私(ラッセル)を一生恥ずかしめるような女だ,と。しかし私は父から相続した約2万ポンド(現在の物価に換算すると,4〜5億円か/参考:シャーロック・ホームズ時代の貨幣制度と物価)の財産をもっていたので,家族の言うことには全然耳をかさなかった。彼らとの間柄は非常に緊張したものとなり,それは私の結婚後まで続いた。
の画像
拡大する!(enlarge)
I was very much excited by her second visit to Cambridge, and began to correspond regularly with her. I was no longer spending the summers at Haslemere, because my grandmother and my Aunt Agatha did not get on with my Uncle Rollo's second wife. But on the 13th of September, I went to Friday's Hill for a two days' visit. The weather was warm and golden. There was not a breath of wind, and in the early morning there were mists in the valleys. I remember that Logan made fun of Shelley for speaking of 'golden mists', and I in turn made fun of Logan, saying there had bean a golden mist that very morning, but before he was awake. For my part I was up and about early, having arranged with Alys to go for a walk before breakfast. We went and sat in a certain beech-wood on a hill, a place of extraordinary beauty looking like an early Gothic cathedral, and with a glimpse of distant views through the tree trunks in all directions. The morning was fresh and dewy, and I began to think that perhaps there might be happiness in human life. Shyness, however, prevented me from getting beyond feeling my way while we sat in the wood. It was only after breakfast, and then with infinite hesitation and alarm, that I arrived at a definite proposal, which was in those days the custom. I was neither accepted nor rejected. It did not occur to me to attempt to kiss her, or even take her hand. We agreed to go on seeing each other and corresponding, and to let time decide one way or the other.
All this happened out-of-doors, but when we finally came in to lunch, she found a letter from Lady Henry Somerset, inviting her to the Chicago World's Fair to help in preaching temperance, a virtue of which in those days America was supposed not to have enough. Alys had inherited from her mother an ardent belief in total abstinence, and was much elated to get this invitation. She read it out triumphantly, and accepted it enthusiastically, which made me feel rather small, as it meant several months of absence, and possibly the beginning of an interesting career.
When I came home, I told my people what had occurred, and they reacted according to the stereotyped convention. They said she was no lady, a baby-snatcher, a low-class adventuress, a designing female taking advantage of my inexperience, a person incapable of all the finer feelings, a woman whose vulgarity would perpetually put me to shame. But I had a fortune of some £20,000(pound) inherited from my father, and I paid no attention to what my people said. Relations became very strained, and remained so until after I was married.
(掲載日:2005.07.26/更新日:2011.3.13)