(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



ラッセル「芸術としての歴史」n.9 (松下彰良・訳)

Bertrand Russell : History as an art (1954)

前ページ(Forward) 次ページ(Forward)

 我々は怠惰な懐疑主義に陥るべきだ,と私は言おうとしているのではない。我々は信念を保持すべきであり、堅持すべきである。いかなる偉大なことも、情熱なしにはなし遂げられないが、情熱の下には、我々の情熱が駆り立てる行動に制限を置く幅広い非個人的な探求が常にあるべきである。あなたが共産主義あるいは資本主義を悪く思うならば、事情に応じて,二度と共産主義者あるいは資本家が存在しないように,人類を絶滅させるべきであろうか? よく考えた上で,それが賢明だろうと断言する人はほとんどいないだろうが、それにもかかわらず、それは、歴史に興味を持たない(歴史的な見方をしない)政治家の一部が、その方向に人類を導こうとしているように思われる一つの到達点なのである。これは極端な例であるが,別の例をいくらでも考えることは,決して難しいことではない。
I do not mean to maintain that we should lapse into a lazy skepticism (scepticism). We should hold our beliefs, and hold them strongly. Nothing great is achieved without passion, but underneath the passion there should always be that large impersonal survey which sets limits to actions that our passions inspire. If you think ill of Communism or Capitalism, should you exterminate the human race in order that there may be no more Communists or Capitalists as the case may be? Few people would deliberately assert that this would be wise, and yet it is a consummation toward which some politicians who are not historically minded seem to be leading mankind. This is an extreme example, but it is by no means difficult to think of innumerable others.
(掲載日:2016.04.07/更新日:)