(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「政治的に重要な欲求 −ノーベル文学賞受賞記念講演
1950年12月11日,ストックホルム」n.7 (松下彰良・訳)

Bertrand Russell: What Desires Politically Important? 1950

次ページ(Forward) 前ページ(Backward)


 しかし,我々がこれまで考察してきた動機(注:所有欲及び虚栄心)の影響は大きなものですが,それらを上回る動機があります。それは権力欲です。権力欲は,虚栄心にかなり似ていますが,決して同じものではありません。虚栄心は,それを満足させるためには栄光(glory)が必要です。権力を持っていなくても栄光を持つことは容易です。米国において最高の栄光を享受しているのは映画スターたちですが,彼らは,(下院)非米活動調査委員会(the Committee for Un-American Activities 米ソ冷戦時代に1945年に設置され1975年に廃止された常任委員会であり,「赤狩り(共産主義者摘発)」が行なわれた。)によっておとなしくさせることができます。英国では,国王は総理大臣よりも栄光を持っていますが,総理大臣のほうが国王より権力を持っています。多くの人々は権力よりもむしろ栄光を好みますが,大体において,そういった人々は,栄光よりも権力を好む人々ほど物事の進行に対し影響力をもっていません。1814年に,ブリュッヘル将軍(Gebhard Leberecht von Blucher, 1742-1819:プロイセン王国の軍人で,ワーテルローの戦いでナポレオンを撃破)は,ナポレオンの宮殿を見た時,こう言いました。「これだけのものを持っていながら,モスクワを求めて駆けまわるとは愚かではなかったか。」 ナポレオンは,確かに虚栄心に欠けてはいませんでしたが,選択をしなければならなくなると,彼は(虚栄心よりも)権力の方を好みました。ブリュッヘル将軍には,この選択は愚かに思われました。権力は,虚栄心同様,飽くことを知らないものです。全能でないものは何であっても権力欲を完全に満足させることはできません。そして,権力欲は,特に精力的な人々の悪癖なので,権力欲の因果的効力(causal efficacy)は,権力欲が生じる頻度とはまったく不釣合いなものとなっています。権力欲は,実際,重要人物の生涯において最も強力でずば抜けた動機なのです。

But great as is the influence of the motives we have been considering, there is one which outweighs them all. I mean the love of power. Love of power is closely akin to vanity, but it is not by any means the same thing. What vanity needs for its satisfaction is glory, and it is easy to have glory without power. The people who enjoy the greatest glory in the United States are film stars, but they can be put in their place by the Committee for Un-American Activities, which enjoys no glory whatever. In England, the King has more glory than the Prime Minister, but the Prime Minister has more power than the King. Many people prefer glory to power, but on the whole these people have less effect upon the course of events than those who prefer power to glory. When Blucher, in 1814, saw Napoleon's palaces, he said, "Wasn't he a fool to have all this and to go running after Moscow." Napoleon, who certainly was not destitute of vanity, preferred power when he had to choose. To Blucher, this choice seemed foolish. Power, like vanity, is insatiable. Nothing short of omnipotence could satisfy it completely. And as it is especially the vice of energetic men, the causal efficacy of love of power is out of all proportion to its frequency. It is, indeed, by far the strongest motive in the lives of important men.

(掲載日:2015.09.07/更新日:)