(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「人類に害を与えてきた思想(19)」(松下彰良・訳)

Bertrand Russell: Ideas That Have Harmed Mankind,1946

前ページ(Back) 次ページ(Forward)

 私的な生活におけると同様に,公的な生活においても,重要なことは,将来を読みとる超人間的な能力を仮定しない(注:without the presumption of a superhuman ability 超人的な能力があると言う僭越さのない)寛容及び優しさ(親切心)である。
 この小論を「人類に害を与えてきた思想」と名づけるかわりに,「思想は人類に害を与えてきた」と端的に名づけた方が,おそらく,よかったかもしれない。というのは,未来は予言できないこと,また未来に関する可能な信念にはほとんど果てしないと言える多様性があるということ,を理解すると,ある人間が抱くかも知れないいかなる信念も,それが真となりうる見込みはきわめてわずか(slender)であるからである。10年後に起こるであろう,と(我々が)どのようなことを考えても,それが人間関係とはまったく関係がなり「明日も太陽が昇る」といったようなことでない限り,我々の考えが誤まりであることはほぼ確実である。私自分自身が性急に行ったいくつかの陰うつな予言を思い出す時,このような考えは,私の心を慰めるものであると感じるのである。
 しかしあなたは言うだろう。将来がある程度予言できるという仮定に立たないとすれば,政治的手腕(政治家の手腕)はどのようにして可能になるのか,と。私は,ある程度の予知(先見)が必要であることを認める。また,我々はまったく無知だということを示唆しているつもりもない。もし諸君がある人に向かって,お前は悪党(knave)で愚かだと言えばその人はあなたを愛さないであろう,というのはまともな予言である。また諸君が同じことを七千万の国民(注:英国民のこと?)に言えば,その国民はあなたを愛さないであろう,というのも正当な予言(fair prophecy)である。お互いの生命を脅やかすような競争が,競争者の間に良い仲間意識(連帯感)という感情を産まないだろう,と仮定することは安全である。もしも,近代的な武装を有する2つの国家が前線で対峙していて,両国の指導者が互いに他を侮辱しあうことに専念するとしたら,両方の国民がそのうちに神経質になり,一方の側が他方の側からの攻撃を恐れて攻撃を始めるということも,とてもありそうなことである。(それから)現代における大規模な戦争は戦勝国側においてさえ繁栄の水準を上げないであろう,と仮定することも安全である。こういった一般化を理解することは,難しいことではない。難しいのは,具体的な政策が長期的にどのような結果をもたらすか,といったことを詳細に予見することである。ビスマルク(注:ドイツの鉄血宰相)は異常な機敏さによって,三度の戦争に勝利してドイツを統一した。(しかし)彼の政策の長期的結果は,ドイツが二度のとてつもなく大きな敗北(注:第一次世界大戦tと第二次世界大戦での敗戦)を被った,ということであった。そのような結果が生じたのは,ビスマルクがドイツ人たちに,自国以外のすべての国々の利害(国益)に無関心であれと教え,侵略的精神を生み出し,そのことが世界中を結束させ,ビスマルクの後継者たちに敵対させるにいたったからである。限度を越えた利己心は,それが個人の場合であれ国家の場合であれ,賢明とはいえない。その利己心が運よく成功をもたらすこともありうるが,それが失敗した場合には,その失敗は恐るべきものとなる。理論によって支えられない限り,このような危険を冒す人々はごく少ないであろう。というのは,人々を完全に慎重でなくさせるものは,理論だけだからである。
In public, as in private life, the important thing is tolerance and kindliness, without the presumption of a superhuman ability to read the future.
Instead of calling this essay 'Ideas that have harmed mankind', I might perhaps have called it simply 'Ideas have harmed mankind', for, seeing that the future cannot be foretold and that there is an almost endless variety of possible beliefs about it, the chance that any belief which a man may hold may be true is very slender. Whatever you think is going to happen ten years hence, unless it is something like the sun rising tomorrow that has nothing to do with human relations, you are almost sure to be wrong. I find this thought consoling when I remember some gloomy prophesies of which I myself have rashly been guilty.

But you will say: how is statesmanship possible except on the assumption that the future can be to some extent foretold? I admit that some degree of prevision is necessary, and I am not suggesting that we are completely ignorant. It is a fair prophecy that if you tell a man he is a knave and a fool he will not love you, and it is a fair prophecy that if you say the same thing to seventy million people they will not love you. It is safe to assume that cutthroat competition will not produce a feeling of good fellowship between the competitors. It is highly probable that if two States equipped with modern armament face each other across a frontier, and if their leading statesmen devote themselves to mutual insults, the population of each side will in time become nervous, and one side will attack for fear of the other doing so. It is safe to assume that a great modern war will not raise the level of prosperity even among the victors. Such generalizations are not difficult to know. What is difficult is to foresee in detail the long-run consequences of a concrete policy. Bismarck with extreme astuteness won three wars and unified Germany. The long run result of his policy has been that Germany has suffered two colossal defeats. These resulted because he taught Germans to be indifferent to the interests of all countries except Germany, and generated an aggressive spirit which in the end united the world against his successors. Selfishness beyond a point, whether individual or national, is not wise. It may with luck succeed, but if it fails failure is terrible. Few men will run this risk unless they are supported by a theory, for it is only theory that makes men completely incautious.


(掲載日:2015.08.28 更新日:)