バートランド・ラッセルのポータルサイト


★「ラッセルの生原稿」★を探しています!

 カナダのラッセル文書館名誉館員(元・文書館長)のブラックウェル博士(Kenneth Blackwell)は、ラッセルが雑誌『改造』(大正10年1月号)に寄稿した「愛国心に関するエッセイ」の「生」原稿の行方を探しています。ご存じの方がいましたら、松下()までお知らせいただければ幸いです。

 ラッセルのエッセイは、雑誌『改造』の大正10年1月号から大正12年9月号まで、15本掲載されており、大正10年1月号以外の14本のエッセイについては邦訳以外に原文が添えられています。カナダの Bertrand Russell Archives では、ラッセルの原稿を網羅的に集めていますが、愛国心に関するこの原稿は見つかっていません。
 雑誌『改造』は、昭和30年に廃刊となり、改造社はつぶれてしまい、当時の関係者もほとんど亡くなっていますので手がかりがない状態です。

(ブラックウェル博士へのとりあえずの返事)
Dear Dr. Blackwell;

B. Russell contributed 15 essays to the Kaizo magazine, and English texts are attached to 14 essays.
The first essay Russell cotributed to Kaizo is an essay "On patriotism" as you know, but its English text was not attached, except the photograph of Russell's manuscript.

Russell's essay with English texts are as follows.

 01.The prospects of Bolshevik Russia.(Kaizo, Feb. 1921)
 02.Causes of the present chaos.(Kaizo, Mar. 1920)
 03.What makes a social system good or bad?(Kaizo, Apr. 1921)
 04.Inherent tendencies of industrialism.(Kaizo, Aug. 1921)
 05.Industrialsm and private property.(Kaizo, Sept. 1921)
 06.Interactions of industrialism and nationalism.(Kaizo, Oct. 1921)
 07.The Washington Conference and the future.(Kaizo, Mar. 1922)
 08.International condition of China.(Kaizo, Apr. 1922)
 09.Socialism in undeveloped countries.(Kaizo, May 1922)
 10.Socialism in advanced countries.(Kaizo, July 1922)
 11.Chinese civilization and the West.(Kaizo, Aug. 1922)
 12.The theory of relativity.(Kaizo, Oct. 1922)
 13.Freedom in education: a protest against mechanism.(Kaizo, Feb. 1923)
 14.Moral standard and social welfare.(Kaizo, Sept. 1923)

Sincerely yours,

Akiyoshi Matsushita