Portal Site for Russellian in Japan


「微笑について」(松下彰良・訳)
(1932年8月17日付)
On smiling

改訳しました。(2011.2.13)
 乳幼児は正直であり,感情を素直に表現します。しかし,素直に感情を表すと他人を傷つけることがあるということで,家庭の躾や学校教育によって「微笑する」習慣あるいはマナーを身につけさせられ,しだいに感情を素直に表さなくなります。今回はそのマイナス面についてのエッセイです。(2004.04.04,松下)

 高等動物は全て,喜びを表現する方法を持っているが,喜びを実際に感じない時に喜び表わすのは人間のみであるこれは「礼儀(politeness)」と呼ばれ,徳目の一つに数えられている。乳幼児の(人を)まごつかせる特性の一つは,彼等は本当に喜びを感じた時だけ笑うという事実である。乳幼児は,訪問者を真剣なまなざしで(目を見開いて)みつめ,彼らが自分をあやそうとすると,大人の愚かな滑稽な仕草(動作)に対し驚いたような表情を表す。しかし彼らの両親は,すぐに,乳幼児に,まったく自分に無関係な人々と一緒でも喜んでいるような表情をするように教えこむ
 東洋の諸国では,この儀礼的な微笑が,我々西洋諸国の間でよりも,ずっと長期間に渡って行なわれ続けてきている。日本では1868年(明治維新)まで,社会的優越者(訳注:家来に対する主君,庶民に対する武士など)は,社会的劣者(弱者)が社会的優越者である権力者の前で微笑し続けることを少しでも怠ったならば,その場で斬り捨てる権限があった。家庭にあっては,妻は夫の前で,子は両親の前では,常に微笑していなければならなかった。このために,ヨーロッパ人旅行者には,日本人は陽気な国民であるように映ったのである。即ち,これは適者生存の一例である
 しかし社会的優者の前での儀礼として要求されるのは,必ずしも「微笑」だけではない。たとえば朝鮮(訳注:韓国+北朝鮮)においては,皇帝の謁見を許された臣民は,皇帝はその気になれば自分たちをいつでも殺すことができるということを自分たちが理解していることを示すために,皇帝に見られている間ははっきりとわかるように身を震わせていなければならなかった。同様に,イギリスでは,よく訓練された執事は,雇用者の前では,たとえどんなに滑稽なことが起こっても,決して笑わない。しかしイギリスの儀礼は,必ずしも極東の儀礼と全ての点で似通っているわけではない。中国では,宴会に招かれた客は,食事の間じゅう唇で大きな音をたて,食事後には食べすぎてしまったことの明白なサインを最大限示すことが,(儀礼として)常に期待されてきた。
 社交上の儀礼の最も煩わしい形態の一例を,南アメリカのインディアンの中に発見できる。ある酋長が他の部族の酋長のもとを訪ずれる場合,ホスト側(客を受け入れる側)は,客の酋長の言った言葉は完壁であり直しようがないことを示すために,客の酋長の言葉を一字一句繰り返えさなければならない。(従って)客が「私は西武から来た」と言えば,ホスト側は「あなたは西武から来た」と答え,客が「私は川を渡ってきた」と言えば,ホスト側は「あなたは川を渡ってきた」と応える。しばらくすると,不幸にも訪問客は,これ以上何も言うことを思いつかなくなる。気まずい沈黙の後,初めて通常の会話が許されようになる。しかし,訪問客が帰る前の30分間,またこの儀式は繰り返されなければならない。
 白人は,儀礼の概念をこれほど重視したことは決してないが,退屈なパーティーの間中,微笑し続ける必要があるといまだに思っており,帰宅すると顎の筋肉が痛くなる。退屈を隠すために微笑する癖を身につけた人間は,やがて他のもっと'うしろめたい感情'を隠すためにも微笑を利用しがちとなるハムレットは,殺人を犯したことを隠すために微笑する叔父(クローディアス)の癖に印象づけられた。私は多くの殺人者を知人として持っていない。しかし,私が知っている'殺人者'はやや微笑にふける傾向があったので,多分,ハムレットの叔父は単にこの一般的傾向の一事例であったのであろう。しかし,たとえ全ての殺人者が例外なしに微笑するとしても,微笑する人間は全て殺人者だと推論してはならない。そうでなくても,この世は陰惨であり,悪しき論理を使って世の中をさらに悪いものにする必要はない。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

All the higher animals have methods of expressing pleasure, but human beings alone express pleasure when they do not feel it. This is called politeness and is reckoned among the virtues. One of the most disconcerting things about infants is that they only smile when they are pleased. They stare at visitors with round grave eyes, and when the visitors try to amuse them, they display astonishment at the foolish antics of adults. But as soon as possible, their parents teach them to seem pleased by the company of people to whom they are utterly indifferent.

In oriental countries polite smiling has been carried to much greater lengths than among ourselves. In Japan, until 1868, a social superior had the right to kill a social inferior if he failed for an instant to keep smiling while in the great man's presence. In the family, the wife had to smile in the presence of her husband and the children in the presence of their parents. This was what made the Japanese appear to Western travellers such a cheerful people; it was a case of survival of the fittest.

But it is not always a smile that is demanded by politeness in the presence of social superiors. In Korea, for example, subjects having audience of the Emperor were expected to tremble visibly as long as his eye was upon them to show their realisation of the fact that he could put them to death if he chose. In like manner, in England a well-trained butler never smiles in the presence of his employers however ridiculous may be the things that happen to them. English politeness is not, however, in all respects similar to that of the Far East. In China, guests at a banquet used to be expected to smack their lips loudly while eating and to display, at the conclusion of the feast, the most unmistakable signs of having overeaten.

One of the most embarrassing forms of politeness in social intercourse is to be found among South American Indians. When a chief pays a visit to another chief, the remarks of the guest must be repeated exactly by the host on the ground that what the guest has said is perfect and cannot be bettered. The guest says 'I have come from the West.' The host replies 'You have come from the West.' The guest says 'I came by the river. The host replies 'You came by the river.' After a while, the unfortunate guest cannot think of anything more to say. There is an uncomfortable silence, after which ordinary conversation becomes permissible. But the ritual must be resumed for the last half-hour before the visiting chief's departure.

White men have never had so high a conception of politeness as this, but we still consider it necessary to smile throughout a dull party so that when we get home our jaw muscles ache. Having learned to smile in order to conceal boredom, men tend to use the smile to conceal other less innocent emotions. Hamlet was impressed by his uncle's habit of smiling in order to conceal the fact that he was a murderer. I have not known many murderers, but those that I have known were somewhat addicted to smiling, so perhaps Hamlet's uncle was merely illustrating a general rule. But even if all murderers smile, it must not be inferred that all who smile are murderers. The world is gloomy enough already, and there is no need to employ bad logic to make it worse.

★3月(前月)の言葉★格言集へ