Portal Site for Russellian in Japan


正義と武力(松下彰良・訳)
(1930年代初め執筆)
Right and Might
・全訳化及びHTML修正しました。(2010.8.14)
★三度目の掲載(2003.12.13)
* ラッセルのエッセイ集『人生に関する断章』(みすず書房刊)復刊のため,復刊.com(http://www.fukkan.com/vote.php3?no=20510)にアクセスして,投票お願いします。) → 復刊されました!


(再掲:下記は大分前にアップロードしたものですが,戦争が始まりましたので,再度ご一読お願いします。2003.03.21)

* イラクが製造・保有していると言われているABC(orNBC)兵器(核・生物・化学兵器)は,(もし本当であれば)人類にとって大変危険なものであり,世界中からこのようなものは撤去されるべきですが,それは世界の世論(国連等)の圧力及び国連軍によってなされるべきであると考えます。イランが国連決議に従わないからといって,英米がイラク本土を爆撃してよいという権利はないものと思いますがどうでしょうか?(2002年?月)



「他の人々を全て排除して,いかなる個人にも'普遍的な統治権'が帰属することはない。また,皇帝が百代も続く'王朝'が存在した例を誰も目撃していない。占有が -占有のみが- 統治する権利を与える。
 もしも諸君の友人に歴史や政治理論に興味を持つ人がいれば,誰がこの言葉を言ったか当てさせるとよい。クロムウェルか? ロベスピユールか? ジェファーソンの過激な追従者か? レーニンか,あるいは,ヒトラーだろうか? これらはありそうな推測の例であるが,まったく見当違いである。正義と武力についてのこの重々しい発言の主は中国の太平天国の乱の指導者の'天徳'(Tien Te)であり,1850年のことである。彼は当時,外国の征服者である満州族の皇帝を追い出そうと試みており,当時彼はまだ力のない'山賊'に過ぎなかった。彼はさけんだ。「なぜ,異民族である満州族が中国十八郡(省)の税収入から国税を徴収する権利を持つ一方,我々中国民族は国庫からわずかの金も引き出すことを禁止されているのか?
 これは単に中国ばかりでなく,世界中のたいていの国において,厄介な議論である。いかなるところでも土地所有(権)は,軍事力に由来しているイングランドの大土地所有者の権利の源は,時にはウィリアム征服王によるサクソン族略奪に,また時にはヘンリ八世による教会財産の押収に,即ち,いずれの場合も,赤裸々な暴力に由来している。アメリカにおいては,土地はインディアン(原住民)から暴力によって獲得されなければならなかった。多くの'立派な'財産の基礎になった南アフリカの金鉱やダイヤモンド鉱も,同様に,黒人から取り上げられた。土地への権利は,いかなる場所においても,最終的には,'剣の力'に基礎をおいている。
 それではなぜ,我々は皆,山賊行為に反対するのだろうか?山賊は富者の財産へのいかなる権利も有しないという理由から反対することはできない。なぜなら,(上記のような)富者も元をただせば,この種の昔の山賊の子孫かあるいは'法的相続人'にすぎないからである。我々が山賊行為に反対する理由は,法と秩序が望ましいものであり,力づくで得られた財産も,その所有を法律制度によって確認することが通常望ましいからである。一国の内部では,政府権力以外の一切の暴力を禁止し,国民が互いに争って時間や金銭や生命を失わないようにすることが得策であるとされてきた。要するに,個人の財産「権」は,単に社会上の便宜の問題にすぎないのである。
 けれども国家間のことがらになると,この有徳な天徳の格言は,普遍的に妥当すると認められている。勝利した国家は理論上も実際上も,敗れた敵から,可能なかぎり多くを強奪する権利を有している。この権利はナポレオンにより,1871年にドイツにより,1919年に連合国側により行使された。国家間の関係においては,我々はいまだ,秩序ある政府が樹立される以前に個々人の間に存在していたのと同様の普遍的山賊行為の状況下にある。そうして,そのような状態の時のあらゆる害悪を保持している。無政府状態は今では国内的でなくて国際的であるが,だからと言ってそれによってそれだけ改善されているわけではない。
 異なった国家政府間の関係が(国際)法によって規制されなければ,即ち,それが人類の一部にどれほど不人気であっても,いかなる国家政府より強力であり,自らの決定を強制できる力で規制されなければ,世界の永続的な平和を望むのは無益である。驚いたことに(if you please (古風な使い方で)驚いたことに),国家主権のほんのわずかでも譲るくらいなら,戦争のあらゆる恐怖にもかかわらず,あえて戦争を選びたいと言われるかもしれない。私は誤った意見だと思うが,この立場は理屈としては考えられる。しかし,戦争には反対であるが,各国政府が紛争時において自己の立場の'最終的判定者'である現在のシステムに賛成であるという意見には,いかなる'論理の見せかけ'すらないことは確かである。もしも戦争が永久に廃絶されるべきであるならば,抵抗できない軍事力を備えた国際的な政府の樹立以外には不可能であろう。そして戦争の絶滅なしでは,文明は存続しえない。論理的推論力よりも愛国的感情の方が強い人にとっては,これは苦しいジレンマであるが,戦争廃絶の必要性が知的に理解されなけえば,事態の進展によって,悲惨に立証されるであろう。(注:本エッセイは1930年代初めに執筆されたものであり,「事態の進展(第二次世界大戦)により,ラッセルの警告は立証されました。)

[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]


'Universal sovereignty does not belong to any individual to the exclusion of all the rest, and no one ever saw a dynasty which could count a hundred generations of emperors. Possession - and possession only - gives a right to govern.'
If you have friends interested in history and political theory, you may safely ask them to guess who said this. Was it Cromwell ? Was it Robespierre ? Was it some extreme follower of Jefferson ? Was it Lenin, or perhaps Hitler ? These are some of the guesses likely to be made, but they are all completely wide of the mark. The author of this weighty observation on right and might was Tien Te, the leader of the Taiping rebellion in China, and the date is 1850. He was trying to dispossess the Manchu emperors, who were foreign conquerors, and in the meantime he was not above a little brigandage. 'How', he exclaimed, 'have the Manchus, who are foreigners, a right to collect the revenues of eighteen provinces, while we, who are Chinese, are forbidden to take a little money from the public stock ?'
This is an awkward argument, not only in China, but in most of the countries of the world. Everywhere, ownership of land is derived from military force. The great land owners of England owe their title sometimes to William the Conqueror's spoliation of the Saxons, sometimes to Henry VIII's seizure of Church property, and in either case to naked force. In America, the land had to be acquired by force from the Indians. The gold and diamond mines of South Africa, which are the basis of many princely fortunes, were similarly taken from the Negroes. Everywhere, the title to land rests, in the last resort, upon the power of the sword.
Why, then, do we all object to brigandage? We cannot object on the ground that the brigand has no right to the rich man's property, since the rich man is merely the descendant or legal heir of some earlier brigand. We object because law and order are desirable, and when men have acquired property by force it is usually desirable to confirm their possession by legal enactment. Within a state, it has been found a good plan to forbid all force except that of the government, in order that people may not lose their time, their money, and even their lives, in fighting each other. The 'right' of a man to his property, in short, is merely a matter of social convenience.
As between different nations, however, the maxims of the worthy Tien Te are universally admitted. A victorious nation has, in practice as well as in theory, the right to extort just as much as it possibly can from its vanquished enemy. This right was exercised by Napoleon, by the Germans in 1871, and by the Allies in 1919. In the relations between different states, we still have the condition of universal brigandage that existed between individuals in the days before there were orderly governments. And we still have all the evils that attended that state: the anarchy is international, not national, but is none the better for that.
It is useless to hope for lasting peace in the world until the relations between different national governments are regulated by law, that is to say, by a force stronger than any of the national governments, and able to enforce its decisions, however unpopular they may be with a section of the human race. You may say, if you please, that you prefer war, with all its horrors, to the surrender of one iota of national sovereignty. This is an intelligible position, though, to my mind, a mistaken one. But you cannot say, with any semblance of logic, that you are against war but in favour of the present system, according to which, in a dispute, every government is the ultimate judge in its own case. If war is ever abolished, it will have to be by the establishment of an international government possessed of irresistible armed forces. And if war is not abolished, civilization cannot survive. This is a painful dilemma for those whose patriotic feelings are stronger than their reasoning powers, but if it is not apprehended intellectually it will be disastrously proved by the march of events.