Portal Site for Russellian in Japan


老年の脅威(松下彰良・訳)
(1931年8月27日執筆)
The menace of old age
改訳及びHTML修正をしました。(2010.7.21)

 自分はまだ若いと思っていても,誰もがいづれは年をとります。ですから,老人を粗末に扱う社会をつくれば,将来自分で自分の首をしめることにもなりかねません。
 長生きをしたいと思う人は多く,その意味では日本が世界一の長寿国である事実は喜ぶべきことかもしれません。
 しかし長寿社会は,手放しでは喜べないことがたくさんあります。(日本において高齢化社会の問題がクローズアップされてきたのは10年位前からだと思いますが,)ラッセルは今から約70年前(1931年)に,高齢化社会の到来が,将来大きな問題となることを早くも指摘しています。
 ラッセルの文章に親しんでいない人はラッセルの冗談をそのまま受け取ってしまいがちですが,この文章も本気の部分と冗談の部分を取り違えないよう,注意が必要だと思われます。(松下,2001.?.?)


 現代の最大の危機の一つが,我々がほとんど気づかないうちに,忍び寄ってきている。医療技術(医療専門職の技術)は人間の寿命を延ばしたが,人間の能力の範囲を拡張すること(技術)についてはまだ突き止めていない。過去60年間,出生率も死亡率もともに低下し続けている。その結果,人口の平均年齢は絶えず上昇し続けている。 奇妙な物言いではあるが,年取った患者たちに対する熟練した奉仕によってこのような結果を生み出した医師たちは,社会の賞讃に値する者と考えられている。法王アドリアン六世(イタリ ア人以外でローマ法王になった最後の人)が就任後(昇進後)2,3ケ月で他界した時,ローマの著名人たちの代表は,法王の逝去を祝って,法王の侍医の家まで行進した(そうである)。しかし,このような精神は残念ながら死に絶えてしまった。
 科学的能力をこのように不幸にも誤った方向に用いた結果は,すでに明らかになりつつある。私は,不運にも,ほぼ全員70歳を越えた老人によって政府が成り立っている国 (英国)に住んでいる。政府には組閣当時,何人か70歳以下の若い人がいたが辞職してしまった。政府に残っている人間のうち数人については私は30〜40年前から知っている。彼らが活力と指導力があった時期を思い出すことができる。即ち,彼らが自分の信念に従って行動することがごく自然と思われた時期があった。しかし,生理機能の衰えにはまったく抵抗できない。我々の体の細胞組織が硬直化するにつれて,我々の習慣もより固定化してくる。即ち,(私は一人の老人として話をしているのだが/注:ラッセルはこの時59歳)我々は髭をそったり,髪をとかしたり,自分の好きな逸話を語る時,毎日同じ動作をくりかえしている。我々はいつも変化が必要だと口癖のように言うけれども,そのことを頭のなかでは(知的には)分かっていても,現実における変化には耐えられない。それゆえ,年取っ た急進派は,彼が無力であるかぎり幸せになれるという悲しい身の上にある。即ち,彼は,いつも言ってきたことはいかなることも,変革の唱道を含め,ほとんど一切やめることはできないが,当然のこと変革の実現自体は含まれていない。
 私が知っている最も気の毒な例の一つは,「死別した妻の姉妹との結婚を合法化する協会」(The Society for Legalising Marriage with a Deceased Wife’s Syster)の事務局長(注:中野訳では「秘書」となっている。)の場合であった。彼はこの地位を22歳の元気な若者の時についた。倦むことのない努力と大変な手腕を発揮して彼は,50年もかかって英国民にこの協会が主唱する改革の必要性を認めるように改宗(転向)させた。その法案がひとたび通過するや,その協会の存在理由がなくなり,彼は失職した。その頃には彼は,たった一つのこと,即ち既に成立した法案に賛成するための論拠を明確かつ精力的に述べる以外に何もできない72歳の老人になっていたのである。私は以上の事実の真偽を保証しないが,それに似たことが起ったことは,まったくありそうなことである。
 たいていの老人は,このような不幸な運命を免れたり,また彼らがいつも唱えてきた変革をさえ自分の周囲に起るのを阻止するためにできることをする分別(良識)を持っている。従って,医療技術が進歩するにつれて,世の中はしだいに保守的になっていく運命にある。あと百年もすれば,人口のほとんどが80歳以上になるだろう。彼らはよたよたし,ブツブツと意味不明の言葉をつぶやき,頭は完全にぼけているが,裕福で,世間から尊敬され,力(権力)を持っている。彼らにとって代わりたいと熱意を抱いている60代の'若者'がいるのに,彼らは全ての重要な地位を保持し続けるだろう。
 そのような世界では,進歩はまったく不可能である。それでは,どうしたら良いか。このような危機を予見したスウィフトは,過度に長生きすると思われる人間は80歳で投票権と財産を剥奪されるべきであると提案した。スウィフトの提案は賞賛されるべきものであるが,すでに老人たちはしっかりと権力を握っているので,スウィフトのこの計画は実際的な政策ではない。60歳以下の全ての医療関係者は一致団結して若者を守るために,高齢者の寿命を伸ばすと推測される全ての調査研究を阻止 するように影響力を発揮するべきだと私は提案する。そのような運動の脅威によって,老人たちも権力を放棄する気になるかもしれない。権力を一旦取り上げられれば,彼らは博愛の対象となってもよいだろう。私ならば,彼らを南海の島に運んでしまうだろう。そこでは,何も禁止されず,たばこは十分供給され,世界は破滅に向かいつつあり,いかなる点においてもまったく改善がなされていないことを記述せよとの命令とともに,厳しい検閲制度のもとで特別な新聞が発行されるべきである。このような手段によって,これらの(発達した)医療技術の犠牲者のたそがれの年月も幸せなものとなり,老人たちが若者を抑圧したり,世界の新しい状況へ対応を妨げることもなくなるだろう。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]


One of the greatest perils of our time has crept upon us almost unobserved. The skill of the medical profession has prolonged the span of human life but has not yet learned to prolong the span of human capacity. Throughout the last sixty years people have been getting born less and less and have also died less and less. The result is that the average age of the population is continually increasing. Strange to say, the doctors who produce this result by skilful ministration to their aged patients are thought to deserve well of the public. When Pope Adrian VI (the last non Italian to occupy the Papal See) died a few months after his elevation, deputations of eminent Romans marched with congratulations to the house of his physician. But this spirit, alas, has died out.

The results of this unfortunate misdirection of scientific ability are already becoming apparent. I have the misfortune to live in a country whose government is composed almost entirely of men over seventy. There were originally several younger men, but they resigned; of those who remain several have been known to me for thirty or forty years. I can remenber a period when they had vigour and initiative; there was a time when it seemed to them quite natural to act in accordance with their beliefs. But there is no standing up to physiology. As our tissues stiffen, our habits become more set: we go through the same motions every day (I am speaking as an old man) when we shave, when we brush our hair, or when we relate our favourite anecdote. We may remain intellectually convinced of the necessity of change since this is one of our fixed verbal habits, but we cannot bear actual change. The aged radical is therefore in the sad situation that he can only be happy so long as he is ineffective; he cannot stop doing any of the things that he always has done, including the advocacy of change, but not of course including its actual realisation.

One of the saddest cases known to me was that of the secretary of the Society for Legalising Marriage with a Deceased Wife's Sister. He obtained this post as a vigorous young man of twenty-two. Through his untiring efforts and by the exercise of immense skill, he succeeded in the course of fifty years in converting the British public to the necessity of the reform which this society advocated. The measure once passed, the society was no longer needed, and he lost his job. By this time he was an old man of seventy-two, capable of only one thing, namely, the clear and vigorous statement of the arguments for a measure which had already been passed. (I do not vouch for the above facts, but it is quite likely that something of the sort occurred.) Most old men have the good sense to avoid this sad fate and to do what they can to prevent even those changes in the environment which they have always advocated. Consequently every increase in medical skill is bound to make the world more and more conservative. Probably in another hundred years most people will be over eighty. They will be doddering, mumbling, and altogether senile, but rich, respected, and powerful. They will hold all the important posts in spite of the eagerness of young men of sixty to replace them. In such a world all progress will be impossible. What is to be done about it? Swift, who foresaw the danger, suggested that at the age of eighty a man suspected of undue longevity should be deprived of his vote and his property. This is an admirable suggestion, but already the old men have so firm a hold of power that I am afraid Swift's plan is not practical politics. I suggest that all medical men under sixty should band themselves together into a league for the defence of youth and that they should exert their influence to prevent all researches calculated to prolong the life of the very old. By the threat of such a movement, the old may be induced to surrender their power. Once robbed of their power, they might become objects of benevolence. I would have them transported to islands in the South Seas, where there should be no prohibition and a plentiful supply of cigars and where special newspapers should be published under a strict censorship with orders to represent that the world is going to the dogs and that in no respect is any improvement occurring anywhere. By this means happiness could be brought to the declining years of these victims of medical skill without their being in a position to oppress the young or to prevent the world from adjusting itself to new conditions.