バートランド・ラッセルのポータルサイト


[ラッセル格言集]>
7.幸 福 論(その2)

「競争」

・・・。禍の根源は、他人との競争上の成功を幸福の主たる源泉としてあまりにも強調しすぎるところに由来する。・・・。成功は幸福のなかの一つの要素にはなり得る。けれども、もし他のあらゆる要素が成功を獲得するために犠牲にされたとしたら、成功の値はあまりに高価となり過ぎる。
 他人と常に競争しようとする心の習慣は、容易に、本来競争のないような世界にまで侵入するものである。・・・
 禍は、単にひとりひとりの個人のなかにあるのではない。あるいはまた、個々人が、自分の分だけ分離して禍を防ぐことはできない。禍は、一般の人々によって受け入れられた人生観、つまり、人生はコンテストであり、競争であり、そこでは勝者にのみ尊敬が払われるという人生観に由来している。こういう人生観は、感性や知性を犠牲にして意志だけを不当に養うという結果をもたらすものだ。・・・
 ・・・。競争の哲学によって汚染されるのはひとり仕事のみではない。同じように余暇もまた毒される。静かな、神経を回復させるような種類の余暇は退屈なものと感じられるに至った。そこにいやでも現われざるを得ないのは、絶えざる速度の増進であり、その当然の結末は薬品(麻薬、興奮剤等)の使用と気力喪失以外にはないだろう。均衡のとれた生活の理想として健全かつ静かな享楽を認めること、これ以外に治療法はない。

Competition
The root of the trouble springs from too much emphasis upon competitive success as the main source of happiness. ... What I do maintain is that success can only be one ingredient in happiness and is too dearly purchased if all the other ingredients have been sacrificed to obtain it. ...
The competitive habit of mind easily invades regions to which it does not belong. ...
The trouble does not lie simply with the individual, nor can a single individual prevent it in his own isolated case. The trouble arises from the generally received philosophy of life, in which respect is to be accorded to the victor. This view leads to an undue cultivation of the will at the expense of the senses and the intellect. ...
... It is not only work that is poisoned by the philosophy of competition; leisure is poisoned just as much. The kind of leisure which is quiet and restoring to the nerves comes to be felt boring. There is bound to be a continual acceleration of which the natural termination would be drugs and collapse. The cure for this lies in admitting the part of sane and quiet enjoyment in a balanced ideal of life. (From: The Conquest of Happiness, 1930, chap. 7. )