バートランド・ラッセルのポータルサイト


科学者京都会議関係

前ページ 所蔵館正式名称 ラッセル書誌・目次 次ページ

a.科学者京都会議声明

01.[第1回]科学者京都会議声明
 『世界』n.200(1962年8月号)p.126-129.
 *再録:『平和時代を創造するために』(岩波新書n.476、1963年刊)p.iv-ix、『核時代を超える』(岩波新書n.687、1968年刊)p.174-180、及び『核廃絶は可能か』(岩波新書・黄版n.267、1974年刊)p.184-190.

02.第2回科学者京都会議声明
 『世界』n.211(1963年7月号)p.52-54.
 *再録:『平和時代を創造するために』他。

03.第3回科学者京都会議声明
 『世界』n.250(1966年9月号)p.97-99.
 *再録:『平和時代を創造するために』他。

04.第4回科学者京都会議声明
 『世界』n.430(1981年9月号)p.104-105.
 *再録:『核廃絶は可能か』p.203-207。

05.第5回科学者京都会議声明
 『世界』1984年8月号収録.

追加予定
 

 

 

 


b.科学者京都会議の記録

01.「科学者京都会議」に出席して 谷川徹三
 『思想』n.457(1962年7月号)p.129-136.

2〜6:[第1回]科学者京都会議の記録
 『世界』n.200(1962年8月号)p.126-205.

02.会議のひらかれるまで 坂田昌一
 同上、p.130-132.
 *再録:坂田著『科学と平和の創造』(岩波書店、1963年2月刊)p.101-107.

03.声明文が作られるまで 豊田利幸
 同上、p.133-139.

04.[報告]科学者の責任−ラッセル=アインシュタイン声明を中心として− 湯川秀樹
 同上、p.140-146.
 *再録:『平和時代を創造するために』(岩波新書n.476、1963年1月刊)p.1-23.

05.[報告]パグウオッシュ会議の歴史 朝永振一郎
 同上、p.147-155.
 *再録:『平和時代を創造するために』収録.
 *p.156-163:軍縮交渉の歩みと科学技術(=田中慎次郎他編)

06.[報告]科学時代のモラル−アインシュタインの原則について− 谷川徹三
 同上、p.187〜 .

前ページ 次ページ