バートランド・ラッセルのポータルサイト


(ラッセル格言集)
R毒舌

  • 世間から賢い人間だと思ってもらう方法の一つは、その時代の偏見を熱烈な雄弁で擁護し、その弁舌の修辞で自分の推論能力の不足や、同情的理解ができなかった事実(思いやりのなさ・共感的理解能力のなさ)を覆いかくすことである。(出典
    One way of being thought wise is to defend current prejudices in glowing and eloquent language so that rhetoric conceals the lack of reasoning power and the failure of sympathetic understanding.


  • 愚か者の楽園に住んでいる人たちの幸せを羨ましがってならない。なぜなら、それを幸せだと考えるのは愚か者だけだからである。
    Do not feel envious of the happiness of those who live in a fool's paradise, for only a fool will think that it is happiness.
    (「a liberal decalogue: New York Times Magazine, 16 Dec. 1951、p.42/「自由人の十戒」は、 'The best answer to fanaticism - liberalism' の最後に初めて収録された。再録:『ラッセル自叙伝』第3巻第1章「英国へ帰国」の書簡集のところ)


  • 賢い人の言ったことに関する愚かな人の記録(報告)は、決して正確なものではない。なぜなら、愚かな人は、自分の聞いたことを自分が理解できる何ものかに(別のものに)、無意識のうちに翻訳してしまうからである。
    Text: A stupid man's report of what a clever man says is never accurate, because he unconsciously translates what he hears into something that he can understand.
    (From: A History of Western Philosophy, 1945, part 2, chap. 11: Socrates/ George Allen & Unwin ed., 1946, p.101)