ラッセル自伝/プロローグ:3つの情熱 - Bertrand Russell のページ
         

Portal Site for Russellian in Japan

 

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1: 1872-1914

Prologue

『バートランド・ラッセル自伝』プロローグ

「ラッセル自伝」冒頭(Forward) 総目次(Contents) エディスに捧げる ( To Edith )

'The good life is one inspired by love and guided by knowledge.'

ラッセルの署名




 ラッセルの生涯は3つの強い感情によって支配された。(1)the longing for love, (2)the search for knowledge, それから (3)unbearable pity for the suffering of mankind.

 まず「愛」について言えば、ラッセルは97年の長い生涯において、4度の結婚をした。4歳までに両親を失い、孤独な青少年時代を送った。しかし、ケンブリッジ大学に入ってからは、多くの生涯の友を得ることができ、孤独感からかなり解放された。ケンブリッジを卒業してから、養い親である祖母の反対を押し切って五歳年上のアリスと結婚した。以下に掲げる『自叙伝』のプロローグに書かれているように、ラッセルは最初異性に対する愛を求めたのは、because it bring ecstasy(精神的高揚を得ることができるため)であり、その喜びがあまりに大きく、ecstasy so great that I would often have sacrificed all the rest of life for a few hours of this joy、であった。
 最初の結婚に失敗した後、ラッセルは様々な愛の形を求めた。何度も感情の行き違いや考え方の相違から寂寥感を味わった。晩年になって、Edithとめぐりあい、ようやく心の平穏を得ることができ、死ぬまで添い遂げることができた。

 同様な情熱をもって、知識を求めた。知識の探求においては、多くの業績をあげることができ、かなりな満足感を得ることができた。

 愛と知識については、可能な限り理想的なレベルのものを得ることができ、天国へと導かれた。しかし、飢えに苦しむ子供達、権力者の圧制のもとに虐げられた人々、寄る辺なき老人、貧困、バランス・オブ・パワーの考えにたった米ソの核兵器競争等々、世界の窮状を見聞きするたびに、地上へと引き戻された。ラッセルは、少しでも彼らの助けになりたいと、ペンの力で訴えるとともに、厳冬のなかでも何度も街頭に立ち、世論に訴え、死の直前まで人類の幸福の増進のための活動を行った。ラッセルは、自分の訴えに対する多くの共感者の声に意を強くするとともに、自分の非力さに消沈した。

 しかし、ラッセルは晩年にいたり、生涯を振り返り、自分の一生は生きるに値する人生であったとし、もしももう一度生きるチャンスが与えられたなら、喜んでもう一度生きてみたいと自叙伝に書くことが出来た。幸福な一生であったというべきか。(松下)

『ラッセル自伝』第1部第1章冒頭に続く

What I have lived for

Three passions, simple but overwhelmingly strong, have governed my life: the longing for love, the search for knowledge, and unbearable pity for the suffering of mankind. These passions, like great winds, have blown me hither and thither, in a wayward course, over a deep ocean of anguish, reaching to the very verge of despair.

I have sought love, first, because it brings ecstasy - ecstacy so great that I would often have sacrificed all the rest of life for a few hours of this joy. I have sought it, next, because it relieves loneliness - that terrible loneliness in which one shivering consciousness looks over the rim of the world into the cold unfathomable lifeless abyss. I have sought it, finally, because in the union of love I have seen, in a mystic miniature, the prefiguring vision of the heaven that saints and poets have imagined. This is what I sought and though it might seem too good for human life, this is what - at last - I have found.

With equal passion I have sought knowledge. I have wished to understand the hearts of men. I have wished to know why the stars shine. And I have tried to apprehend the Pythagorean power by which number holds sway above the flux. A little of this, but not much, I have achieved.

Love and knowldege, so far as they were possible, led upward toward the heavens. But always pity brought me back to earth. Echoes of cries of pain reverberate in my heart. Children in famine, victims tortured by oppressors, helpless old people a hatred burden to their sons, and the whole world of loneliness, poverty, and pain make a mockery of what human life should be. I long to alleviate the evil, but I cannot, and I too suffer.
This has been my life. I have found it worth living,and would gladly live it again if the chance were offered me.
(From: The Autobiography of B. Russell, v.1, Prologue)

 ★ Continued. ...