Portal Site for Russellian in Japan


結婚(松下彰良・訳)
(Nov. 13th, 1931)

Marriage

* 部分訳を全訳化しました。(2010.12.31)

 2,3日前、ニューヨークでタクシーに乗ったら、運転手が --そのときは事故がおこりやしないかとひやりとしたが-- 私の方に振り向き、「失礼ですが、あなたはバートランド・ラッセルさんではないですか?」と話しかけてきた。
 そうではないと言っても無益だと思い、「そうですよ」と答えると、運転手は、私の講演を以前聴いたことがあるがそれは自分が知的であった過去のことだと言い「今じゃ結婚して、ただの人間になってしまいましたよ('主体的な人間'であることをやめてしまいましたよ)と付け加えた。
 この話は'結婚生活'の一つの痛ましい結果のように思えたので、私は色々考えさせられた。人格の完成であるべき結婚が、どうしてまったく正反対のものとして感じられるのか。自分の結婚が不幸なものであることを示すものがない。そこでこの運転手は、結婚そのものがこの悲惨な結果をもらしたと考える。私自身そのような結婚の結果を経験したことがないが、このタクシー運転手は、多くの人たちの結婚についての考え方を代弁していることを私は理解している。
 このような事態となる理由(原因)の一部は経済的なものであり、一部は社会的慣習にある。後者は前者よりも矯正が容易であるので、まず後者について考えてみる。
 夫婦は余暇を一緒に過ごすべきだとする慣習は良くない。疑いもなくあの運転手の妻は講演が嫌いだろうし、夫が自分を家において講演を聞きにいくことを好まないであろう。多くの夫婦は、自分の'連れ合い'が望んでいる快楽への'妬み’から、自分の快楽の充足を差し控える。自分の快楽を多少利己的に追求することよりも、他人の快楽に反対することの方がはるかに良くない。また、夫婦間に倦怠感が生まれたり、共通の話題がなくなったりすべきでないとしたら、夫婦間にはある程度の'社会的距離'が必要である。もっともこの点に関しては、以前よりましな夫婦間の慣習が急速に広まりつつある。
 経済問題はより深刻である。未婚男性は自分の収入で、既婚男性には不可能ないろいろな自由を得ることができる。疑いもなく大部分の未婚男性は、結婚相手を探すことを含めて、純粋な快楽(娯楽)に余暇の全てを当てる。
 しかし、金銭上の代価のない種類の素養(教育)を求める人たちも、一定の割合存在する。このような男性は結婚すると、もはや自分の余暇がないこと、あるいはたとえあっても余分なお金がないことに気づく。いわゆる'知的な'女性と見なされる人は、子供が生まれると(子供なしでいられなくなると)、結婚生活によるこの損失を男性よりもいっそう感ずることになる。それで、夫の側にも妻の側にも、結婚をうとましく思うある種の感情が生じてくる。
 この悩みは国家が子供の養育費の全額を負担するようになるまでは完全には解決されないであろうし、それは我々が生きている間は実現しそうもない。しかし、これは、昔はごく普通に、そしていまだごくあたりまえに我々がとっている子供の養育に対する態度をもっと知的なものにすることによって、この不幸はかなり軽減することができるだろう。
 子供の養育は、かなりの技術と科学的知識を必要とする。また、多くの興味ある観察の機会を与える問題である。もちろん、技術や科学的知識も愛情の代わりとはならないが、技術と科学的知識は愛情を補うことができるし、補わなければならない。そうして、愛情は、知識が十分でないと、本人の意図とはまったく逆の効果を生み出すかもしれない。人々が幼年期について科学的な関心を持つようになるにつれて、家庭生活について知識階級がより見識を持っているということはより少なくなるだろう。
 愛情のある無知な人は、愛情はないが育児の知識に明るい人よりも、幼児にとって多分より良いあろう。しかし子供が好きでしかも育児の知識がある人のほうが、いずれかしかない人よりも、子供にとってはるかに良いであろう。

[From: Mortals and Others, v.1, 1935.]

A few days ago in a taxi in New York, the driver turned around (to the risk of our lives) and said: 'Excuse me, are you Bertrand Russell?'
I saw that denial would be useless, so I admitted the fact. He then went on to say that in former days he had heard me lecture, but that belonged to his intellectual past. 'Now,' he continued, 'I am a married man and have ceased to be a person.'
This seemed a painful result of matrimony and naturally set me reflecting. Why should marriage, which ought to be the fulfilment of personality, be felt as quite the opposite? There was no suggestion that his marriage was unhappy; it was to marriage as such that he attributed this dire result. I never myself experienced any such result of being married, but I know that the taxi driver was putting into words what a great many people feel.
The reason lies partly in economics, partly in social custom. The latter, as being easier to set right, I will consider first.
The convention that husbands and wives should spend their leisure hours together is a bad one. No doubt my taxi driver's wife does not care for lectures and also does not like him to go to them without her. Many husbands and many wives will forgo their own pleasures out of jealousy of the pleasures that they imagine their partners as desiring. It is much more harmful to object to other people's pleasures than it is to be a trifle selfish in pursuing one's own, and a certain amount of social separateness of husband and wife is necessary if they are not to become dull and incapable of finding anything to say to each other. In this respect, however, a better convention is rapidly spreading.
The economic difficulty is more serious. An unmarried man can take liberties with his income that a married man cannot take. No doubt most unmarried men devote their leisure to mere amusement, including the search for a wife.

But there are a certain proportion who seek the kind of education for which there is no remuneration in dollars and cents. These men, when they marry, find that their leisure is gone and that, even if they had leisure, they have no spare cash. Women who are what, in a woman, is called 'intellectual' feel this loss in marriage much more than men do, unless they remain childless. The result is a certain feeling against marriage on the part of both men and women.

This trouble cannot be wholly cured unless and until the state undertakes the whole expense of children, which is not likely to happen in our time. But a good deal can be done to mitigate it by a more intelligent attitude toward the rearing of infants than that which was universal in the past and is still too frequent.
The rearing of children is a matter calling for a great deal of skill and science and giving scope for much interesting observation. No amount of skill and science can replace affection, but it can and should supplement affection, which, when it is ill-informed, may produce effects precisely contrary to those that were intended. I believe that, as people come to realise the scientiflc interest of infancy, intellectuals will grow less superior about family life.
The ignorant person with affection is perhaps better for an infant than a well-informed person who has no heart; but a well-informed person who is fond of children is much better than either.