Portal Site for Russellian in Japan


衣服について(松下彰良・訳)
(1932年11月23日執筆)
On Clothes

『アメリカン・エッセイ集』目次

* 改訳(また一部未訳の部分を全訳化)しました。(2011.2.3)



 男性であれ女性であれ,どのような服装をするかという問題には,単なる個人の趣味の問題だけではなく,文化的・社会的な意味合いが多く含まれています。
 つきつめて考えれば,ラッセルの言うように「もしも女性が皆外見がパットしない実用的な制服を着るようになれば,男性が女性の取り柄と考える美質も変わってきて,現在女性が一般に男性の取り柄と見なしている美質と共通のものとなっていくにちがいない」と思われます。けれども,我々は小さい頃からの家庭の躾や親や社会の価値観を植え付けられることにより,いつのまにか「女性は・・・,男性は,・・・」といった感性を持つにいたります。その結果,ラッセルの主張は理屈では理解しても気持ちはついていけないということになりそうです。(1999.10.31,松下)


 最近200年間の風俗面での最も好奇心をそそる変化の一つに,男性の服装における華美の衰退がある。文明の始まりから18世紀末までは,裕福な男性は,現在彼らの妻がいまでもそうであるように,自分の富を高価な衣服で見せつけた。チャールズ2世時代に生きたピープス(Samuel Pepys, 1633-1703:英国の官僚で,詳細な日記で有名)は,妻よりもより多くのお金を自分の衣服に費やした。女性のみが高価な衣服を身をつけることは,まったく現代的な慣行である。
 今日では,男性のスーツは,とりわけ夜の社交の時に着る服は,因襲によって,事実上一種の制服として,非常に厳格に抑制されており,ほんの少しでも逸脱して飾り立てようとすると,皆眉をひそめる。昔は男性も現在の女性と同じように振舞った。即ち,彼らは経済的余裕がある限り,衣服に金をかけ,人目を引く豪華な衣服の選択において,'個人的好み'を見せ付けることができた。
 何がこのような変化を生み出したか述べることは容易ではない。英国においては,ピューリタニズム(清教徒主義)がこれと大いに関係があったが,特にウェズリー(John Wesley,1703-1791:英国の聖職者で,メソジスト派の創立者)によってその変化は促進されている。ヨーロッパ大陸においては,フランス市民革命が,上等な服装をすることを危険なものとした。なぜなら,(ひざ下のところで締まった)半ズボンをはいた男は,首をはねられる危険性が強かったからである。恐怖政治の間,自分の命を救うために初めて長ズボンをはいた男性は,快適であったために,その後も長ズボンをはき続けた,と私は推測している。
 19世紀において,金権政治が貴族政治にとって代わり,この変化を永続的なものとした。なぜなら,それらの(装飾の多い)服装は労働と結びつかず,'金持ち'は貴族と違って,通常毎日何時間かを職場で過ごすからである。
 多分一時的なものであろうが,この変化が生んだ結果の一つは,以前に比べて男女間の相違が大きくなったことである。(現在では)男性が女性から賞賛を得る方法は,体力か,強力な個性か,あるいは例外的な成功,において抜きん出ていることである。昔は,男性も,現在の女性と同様に,自分の容姿を引き立たせる美しい服装で異性の好意的関心を集めることが可能であった。武勲がこの点で,常に有効であったとしても,シェークスピア劇のホットスパー(Sir Henry Percy, 1364-1403:ホットスパーと呼ばれた中世イングランドの騎士)は,'武勲'が'上等な香水'ほどの効用がないことを嘆いた。事実,昔の尊敬された貴族たちは,現在の(たとえば)評判のパイロットと比べて,ずっと「男らしく」なかったのである。
 社会的威信の源泉としての衣服(服装)の衰退は,男性を昔の華麗な時代の金持ちよりも,いっそう精力的で冒険好きな人間にさせる効果を発揮した。もし女性が男性と同じ仕事で男性と競争することになるならば,女性は美しい衣服を着ることを避けたほうが賢明だろう,と初期のフェミニストたちが考えたことは間違ってはいなかった。もしも女性が全員外見がパットしない実用的な制服を着るようになれば,男性が女性の長所と考える美質も変わり,現在女性が一般に男性の長所と見なしている美質とより似通ったものとなるにちがいない。
 一般に男性が女性を判定する際の基準が,女性が男性を判定する際の基準に比べれば,'あさはか'だと言わざるを得ない。残念ながらこれは簡単には是正されない。私はフランス革命の時のやり方が,適用できると思う。もしも美しい服を着た女性が全員首をはねられたならば,生き残った女性は,新しい野暮なファッションを定着させるだろう。しかし私は男性連中がただちにこの種の革命(美しい服を着た女性の斬首)の主導権を握る可能性を信じないし,希望もしない。もっとも,ある人によれば,この種の運動がロシアで起ったそうである。
 これは美への愛着が,社会的良心と衝突する側面の一つにすぎない。この衝突は困ったものではあるが,私にはその解決方法がわからない。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

One of the most curious changes in manners during the last two hundred years is the decay of splendour in men's attire. From the beginning of civilisation until toward the end of eighteenth century rich men displayed their wealth in rich garments, as their wives still do. Pepys, in the time of Charles II, spent far more on his own clothes than on those of his wife. It is an entirely modern custom that only women should dress expensively.
Nowadays men's suits, especially in the evening, are so rigidly controlled by convention as to be practically a uniform, and the slightest departure in the direction of the ornate is frowned upon. In former days, men behaved as most women still do; they spent as much on their clothes as they could afford, and they were able to display individual taste in the choice of picturesque magnificence.
To say what bought about the change is not easy. In England Puritanism had a good deal to do with it, especially as reinforced by Wesley. On the Continent the French Revolution made fine clothes dangerous: men who wore knee-breeches were liable to have their heads cut off. I suppose that those who first adopted trousers in order to save their lives during the Reign of Terror stuck to them afterward because they were comfortable.
In the nineteenth century the substituion of plutocracy for aristocracy made the change permanent; the clothes are difficult to combine with work, and plutocrats, unlike aristocrats, usually spend part of their day in offices.
One result, which is perhaps temporary, has been a greater difference between men and women than exsited in former days. The way for a man to secure the administration of woman is to distinguish himself in athletics or by a forceful personality or by an usually successful career. Formerly a man could, as a woman still can, secure the favourable attention of the opposite sex by beautiful clothes enhancing natural good looks. It is true that feats of arms were always useful in this respect, but Shakespeare's Hotspur could complain that they were not as useful as a good perfume. The fact is that the admired aristocrats of former times were far less 'manly' than (say) a successful airman of the present day.
The decay of clothes as a source of social prestige has had the effects of making men more energetic and more enterprising than the rich of more splendid epochs. The early feminists were right in thinking that, if women were to compete with men in men's pursuits, they would be wise to eschew fine attire. If all women wore a drab and serviceable uniform it may be assumed that the qualities for which men admire women would be more similar than they are to the qualities for which, at present, women admire men.
It must be confessed that men's standard in women is more frivolous than women's standard in men. This is regrettable but not easily to be prevented. I suppose the method of the French Revolution could be applied. If all well-dressed women had their heads cut off the survivors might set a new fashion of dowdiness. But I do not see men readily taking the lead in such a revolution, nor can I wish that they should, though something of the sort, one gathers, has happened in Russia.
This is one of the many respects in which love of beauty conflicts with social consience. The conflict is an awkward one, and I, for one, do not know how it should be resolved.
★10月(前月)の言葉★格言集へ