Portal Site for Russellian in Japan


(場所の)移動について (松下彰良・訳)
(1932.03.11 執筆)
On locomotion.
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

* 改訳しました。(2011.1.10)

 昨年(1998年)4月から沖縄で仕事をしている関係で,出張等でよく飛行機に乗るようになりました。物理的には,活動範囲の大幅な拡大となったわけですが,地球自体が刻々大変な運行(移動)を行っているわけですから,それに比べれば(=地球と共に我々も宇宙空間を移動していることに比べれば)地球上での人間の移動はほんの微々たるものすぎません。
 交通機関が発達して,旅行などで世界を実体験できるようになったことは,人類の相互理解の促進のためには大変よいことではありますが,多忙さによって失われるものも多いといわなければなりません。
 誰にも邪魔されずに沈思黙考する時間を確保する努力は,忙しい現代人にとって,大変重要なことだと思われます。


 現代人が幸福になるために必要だと考えているものの一つに,地球上のある対象物(訳注:場所や物体等)からの頻繁かつ急速な相対的移動がある。
 ニューヨーク市民(住民)は,地球の自転によって一日に約16,000マイルの距離を移動し,地球が太陽のまわりを公転するのに伴い毎年約3億マイルの旅(移動)をしている。また太陽固有の運行は,毎秒数マイルの速度でニューヨーク市民をヘクレス座(訳注:ギリシア神話のヘクレスにちなんで命名)に近づけている。しかしこれら全ては,彼らニューヨーク市民を満足させない。彼らは特定の恒星との相関関係で移動するだけでは不十分である。即ち,彼らは(ニューヨークの)ブロードウェーに対しても相対的に動かなければならないである。
 この移動能力(機動性)の増大は,教育を受けた人々の物の考え方に大きな変化を生み出した。多分この変化の程度は,アメリカよりもヨーロッパにおいて一層大きい。なぜならヨーロッパ人が旅行すればすぐに国境を超えて異なった文明の世界に入るが,他方,ニューヨークからロサンゼルスまでの3,000マイルの旅は,この点では,(イギリスの)ドーバーから(フランスの)カレーまでの21マイルの旅よりも変化は少ないからである。
 国境を越えてメキシコに入れば完全な変化を経験できることは事実であるが,アメリカ人はメキシコ文明から学ぶべき事が何かあるとは思っていない。
 ヨーロッパにおいては,ある国が別の国よりも明らかに優れているということはない。従って,(ヨーロッパにおいては,)旅行は,人間の視野を拡大し,共感する力を強め,人類についての知識を増やすという効果を有すると言ってよいだろう。この効果は,彼らが訪ずれる外国の住民との間に重要な関係を持たらす仕事をするために旅行する人たちに対しては生ずるが,単に旅行のために旅行する人たちに対しては生じない。
 旅行のために旅行するこれらの人たちは,彼らがもし裕福であれば,世界中どこへ行ってもまったく同じような国際的な高級ホテルに泊まり,母国で既に知っている旅行者仲間と交際する。彼らが貧乏であれば,通例,旅行先の現地の人々との事務的交渉さえ必要なくしてくれる(添乗員付きの)団体旅行をする。彼らは絵葉書と列車網以外何も経験せずに帰国する。
 (現代の)人間が常に動き回る習慣は,大きな価値を持つある種のものを壊しつつある。楽しみとしての読書の習慣は死に絶えつつある。特に新刊本以外の古い本についてはそうである。現在では,農業に従事している人々のみが,一年中その土地から離れないことから生れる郷土の四季に関する知識や郷土の細部の事物に対する親密な愛情を持っている。これにより,昔の詩歌やそれを生み出した感じ方は消え去りつつある。
 多くの価値ある情緒や重要な思考は,長い静かな時間の結果としてのみ生まれてくる。過去の情緒的及び哲学的な物の見方にあったこの要素は,今や滅びつつある。
 一方,過去において倦怠感と耐え難い単調さが生み出した残虐と狂気もまた,減少しつつある。従って,差し引きの結果,多分,得る方が勝っているだろう。けれども,事情がどうであろうとも,この物の見方の変化(心理的変化)は明らかに深刻であり,また今後も進展するだろう(←いまだ道半ばである)。


One of the things that the modern man considers essential to happiness is frequent and rapid change of position relative to terrestrial objects.
The earth's rotation causes the inhabitants of New York to move through about sixteen thousand miles a day; the earth's revolution round the sun takes them on a journey of about three hundred million miles every year; the sun's proper motion causes them to approach the constellation Herucles by several miles in every second. But all this fails to content them. It is not enough to move relatively to the fixed stars; they must move also relatively to Broadway.
This increased mobility has produced a great change in the mentality of educated people - more perhaps in Europe than in America, because European travel quickly takes the traveller across frontiers and into different civilisations, while the three thousand miles from New York to Los Angeles produce less change in this respect than the twenty-one miles from Dover to Calais.
It is true that a very complete change is obtainable by crossing the border into Mexico, but it does not occur to the citizens of the United States to regard Mexican civilisation as one from which there is anything to be learned.
In Europe there is no such obivious superiority of one country to another. It might therefore be expressed that travel would have the effect of broadening men's outlook, enlarging their sympathies, and increasing their knowledge of mankind. This effect is produced in those who travel in order to do some work which brings them into important relations with the inhabitants of the foreign countries in which they find themselves, but not in those who travel merely in order to travel.
Such people, if they are rich, stay at cosmopolitan hotels which are exactly alike in all the countries of the world and associate with such of their fellow-travellers as they already know at home. If they are poor, they usually travel in large gangs, with a manner who saves them from the necessity of even business contacts with the natives. They come home having experienced nothing except picture-postcards and the railway system.
The habit of constant movement is destroying some things which had considerable value. The practice of reading for pleasure is dying out, especially as regards books that are not quite new. Knowledge of the seasons, and the intimate love of places in their detail that comes of remaining immovable throughout the year, are now almost confined to agricultural labourers. This has caused the poetry of the past, and the ways of feeling from which it sprang, to go dead.
Many valuable emotions, and much important thinking, can only grow up as the result of long periods of quiet. These elements in the emotional and philosophical outlook of the past are now decaying.
On the other hand, the cruelty and madness which in former ages were generated by boredom and unendurable monotony are also growing less. Perhaps therefore there is gain on the balance. However that may be, the mental change is certainly profound, and still only half completed.