Portal Site for Russellian in Japan


犯罪者は一般人より悪人か?(松下彰良・訳)
(1931年10月29日執筆)
Are criminals worse than other people?
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
* 改訳及びHTMLの修正をしました。(2010.9.1)
 ラッセルは,反戦活動のため,第一次世界大戦中に約5ケ月間,ロンドン郊外のブリクストン刑務所に収監されました。恋人(コレッティ・オニール)に新しい恋人ができたのを聞いて嫉妬になやまされたこともありましたが,執筆活動に専念したり,このエッセイに書かれているように刑務所の住人を観察したりして,刑務所暮らしという貴重な体験を楽しみました。ラッセルの観察眼の確かさはここにも現れていると思われます。(2001.06.30:松下記)

 今日,我々を最も悩ませているものの一つは,世の中が昔に比べてずっと複雑になったことである。昔は,世の中の人間は正直者と悪者(rogues)にはっきり分けられていた。即ち,正直者は法律を守り,悪者は法律を破る(と考えられていた)。悪者は,一時的には栄えるかもしれないが,必ずひどい最後を迎えることになっていた。正直者で豊かになれない者もいるかもしれないが,「貧乏だが正直者」という言い方があるように,それは例外と考えられてきた。
 そのような世界においては,現代人を動揺させている(人間を善人と悪人とに分ける)明確な基準についてのいろいろな疑問や躊躇,及び基準の曖昧化について悩むような者はいなかった。'反社会的な作家たち'は,栄えるのは悪人であり,金持ちはたとえ法を破ってもそのために罰せられることはないということを,作品によって説得しようと試みてきた。歴史や社会学を学ぶ者は皆,世の中に最も害悪を流す人間は刑務所に入れられる罪人の類(たぐい)ではなく,銅像となって馬上で雄姿を見せる種類の人物であるという事実を知りビックリするにちがいない。そこで,我々は,次のように深く自問せざるを得なくなる。即ち,罪人はほかの人間にくらべて本当に悪人だろうか? もし罪人が他の人間に比べて特により悪い人間ということでないのなら,彼らを刑務所に追いやるような特徴としてはどのようなものがあるだろうか?
 戦時中(第一次世界大戦中),私は一時期刑務所で囚人と常習的につきあった経験がある(訳注:ラッセルは反戦活動のために1918年5月から9月までブリクストン監獄に収監された。)私は,彼らに特に嫌悪すべき点を何も発見することができなかった。彼らの中には,いろいろな種類の人間がいた。法廷で彼らの支払い能力を超えた額の支払いを命ぜられた'債務者たち'がおり,そのために(支払えず支払わないために)'法廷侮辱罪'で刑務所に入れられていた。'重婚'の罪に問われて刑務所に入った70歳になる裕福な盲目の弁護士がいた。立派で正直な兵士がいた。彼は,休暇から5分遅れて軍隊にもどったことで不当な厳しさで処罰させられ,二度と権力者たち(当局)のために戦わないと誓った。即ち,そのことを貫くために彼は釈放されると必ずウィスキーを盗んでいた。けれども,彼はそれもしだいにやらなくなった。それから,太って陽気で性格のよい囚人がいた。彼は刑務所の事情に通じていて,いつも慎重に刑務所を選んで入っていた。彼が罪を犯し続ける理由は,刑務所だけが妻から逃れる唯一の場所であったからであった。'救世軍'の将校(幹部)を17年もやっていた人物がいた。彼の息子は学校に遅刻したという理由で罰金を化せられた。その将校は悪意で自分の息子に罰金が科せられたと判断し,罰金の支払いを拒否した。けれども,彼は神の思慮深い意図により自分は刑務所に入れられたと信じていた。このような極めつきの悪漢連中に加えて,ソヴィエト政府の関係者3人と,(キリストの)'山上の垂訓'の教えに従うことが自分たちの務めであると信じていた多数の人たちがいた。(編者注:ラッセルとともに'良心的反戦運動活動家'が多数刑務所に入れられていた。/松下注:彼らはキリストの'山上の垂訓'「汝の敵を愛せよ」を実践したという皮肉。)私が刑務所で会った人たちは,おおむねイギリスの一流クラブの会員よりも気持の良い連中のように思えた。
 けれども,犯罪を侵した人間のなかには,確かに好ましくない2つのタイプがある。即ち,極端に凶暴な者と,きわめて狡猾な連中である。殺人犯と偽造犯は,この2つのタイプの代表と言ってよいだろう。'殺人犯'の場合には,もちろん運が悪くて殺人を犯したという要素がある。人間は誰も,殺人を誘引する条件が十分にそろった状況においては殺人を犯しかねない。しかし,ほとんどの人は幸いにも決してそのような状況下におかれることはない。人を暴力犯罪に走らせるのに必要な挑発の程度は人によってかなり異なる。御しがたい激しい怒りは,心理学上の精神異常であるゆえに精神科医にまかせるべきである。それは,悪意のものというよりは,病気の一兆候である。
 偽造犯や詐欺的な「会社屋」は,これとは別の種類の人間である。彼らは,主にずっと楽天的であるという事実において,他の人間と異なっている。性格的に彼らは,自分にとって有利な可能性を過大評価するために,他の人間と異なり,簡単に,露見するかもしれなくても機会をのがさずにやってのける。このような精神構造は,一つには窃盗(たとえば'万引き')における訓練で培われるが,また一つには彼らのきわめて健康な体質による。彼らから楽天主義と良好な消化機能を同時に取り去るには,彼らにショーペンハウエルの著書を読ませ,'伊勢えびのサラダ'を食べさせる以外に方法がない。
 それゆえ,犯罪防止には,2つの必要不可欠な条件があることがわかる。第一の条件は,犯罪を引き合わぬものにすることであり,これは刑法と警察に係わる事柄(問題)である。第2の条件は,自分の利益を考えた上で行動がとれるような自制心と十分な判断力を各自に持たせることであり,これは心理学者が係わる事柄(問題)である。しかし,いずれの場合も,道徳家の出る幕などはどこにもない。

 One of the most annoying things about the modern world is that it is so much less simple than it used to be. The world used to be divided sharply into honest men and rogues; honest men kept the law, rogues broke it. Rogues, though they might prosper for a while, invariably came to a bad end ; some honest men might fail to become rich, but this was considered exceptional, as was shown by the phrase 'honest though poor'.
 In such a world no one suffered from the doubts and hesitations and the blurring of sharp lines which cause modern men to vacillate. A long course of rebellious writers have tried to persuade us that it is the wicked who prosper and that the rich, even if they do break the law are not at all likely to be punished for doing so. Every student of history or sociology must be struck by the fact that the men who do the most harm are not the sort of criminals who are sent to prison but the sort to whom equestrian statues are put up. And so one is led to ask oneself in all seriousness: are criminals any worse than other people ? And if not, what is the peculiarity which leads to their being sent to prison?
 There was a period during the war when I associated habitually with criminals. I cannot say that I found anything peculiarly dislikeable about them. They fell into various classes. There were debtors who had been ordered by a judge to pay more than they possessed and had therefore been sent to prison for contempt of court. There was a rich, blind lawyer, seventy years of age, who had gone to gaol for bigamy. There was a fine, upstanding soldier who had been sentenced with what he thought undue severity for returning five minutes late from leave and had thereupon vowed that he would not do another hand's turn of fighting for the authorities: in order to keep this vow, he had made a point of stealing whisky whenever he was released from prison, which, however, occurred with increasing rarity. Then there was a fat, cheerful, good-natured fellow, who was a connoisseur in prisons and always chose his gaol with care; his reason for a criminal career was that only in prison could he escape from his wife. Then there was a man who had been for seventeen years an officer of the Salvation Army, whose boy had been fined for coming late to school; the Salvationist considered that the fine had been inflicted from malice and therefore refused to pay it ; he was, however, persuaded that the Lord had led him to that place for a wise purpose. In addition to these desperate ruffians, there were three members of the Soviet Government and a large number of men who considered it their duty to obey the precepts of the Sermon on the Mount.(Note: Some of the people imprisoned with Russell were conscientious objectors) On the whole, the people I met in prison seemed to me more agreeable companions than the members of the best clubs.
 There are however, two types of criminals who certainly are undesirable: they are the men who are exceptionally violent and the men who are exceptionally cunning. Murderers and forgers may be taken as representing these two types. In the case of the murderer there is, of course, an element of bad luck ; almost anybody might become a murderer given sufficient provocation, but most of us have the good fortune never to be sufficiently provoked. Men differ greatly, however, as regards the degree of provocation necessary to lead them to crimes of violence. Ungovernable rage is a psychological aberration and should be treated by the psychiatrist ; it is a mark of disease s rather than of wickedness.
 The forger and the fraudulent company promoter belong to a different category; they differ from other men chiefly by the fact that they are more optimistic; they take the chance of detection more readily than other men because temperamentally they overestimate the probabilities in their favour. This is attributable partly to an education in boosting(shoplifting) and partly to unduly healthy grounds. The treatment to which they should be subjected is a course of Schopenhauwer and lobster salad, to cure them simultaneously of optimism and good digestion.
 To prevent crime there are therefore two requisites : one is to make crime contrary to self-interest, and this is a matter for the criminal law and the police ; the other is to give men that degree of self-control and sound judgement which will enable them to act in accordance with their own interests - this is a matter for the psychologist. But in neither department has the moralist anything useful to contribute.
★6月の言葉★格言集へ